地域の特別支援教育のセンターとして…

 幼稚園・保育園、小・中学校、高等学校に在籍する発達障害等の幼児児童生徒や、小・中学校の特別支援学級に在籍する児童生徒や、療育に携わる方々へのサポートを行っています。

◆幼稚園・保育園・小・中学校・高等学校の先生方へ

○対象幼児児童生徒に対する具体的な支援の仕方についてアドバイスを行います。
○校内委員会へのサポートを行います。
○必要に応じて、WISC-Wなどの検査を実施し、分析を基に適切な支援を考えます。
○個別の指導計画、個別の教育支援計画の作成について、アドバイスを行います。

◆保護者の方へ

○発達の遅れに心配のあるお子さんを対象に教育相談を行っています。また、必要に応じてお子さんの担任や学校と話し合いを行い、適切な支援が受けられるようにアドバイスを行います。

                       相談の申し込み窓口は・・・

地域支援相談部のページ

相談の申し込み窓口

妙高市立総合支援学校

地域支援相談部  担当(教頭:小林秀樹)

〒944−0051 妙高市小丸山新田56番地2
電話:0255−72−1926
FAX:0255−72−1996
E-mail:sougou@ac.city.myoko.niigata.jp


このページのTOPに戻る

 

          教育相談のご案内

 保護者の皆様へのご案内

 発達の遅れに心配のある就学前のお子さん(保育園や幼稚園)や、小・中学校、高等学校に通っているお子さんを対象に下記のような内容で教育相談・支援を行っています。また、必要に応じてお子さんの担任や学校と話し合いを行い、お子さんが適切な支援を受けられるようアドバイスをします。その他、当校の概要を理解していただくために、オープンスクールや教育相談を随時、実施しています。相談内容については秘密を堅く守ります。相談は無料です。お気軽にご相談下さい。


  1 当校への入学・進学について
  2 普段の生活の中での困りごと
   ・食事や排せつの自立が難しい
   ・運動や動作がぎこちない
   ・ことばが遅れているようだ。
   ・発音や話し方がはっきりしない。
   ・視線が合わない。コミュニケーションがとりにくい。
   ・じっとしていられない。集中して学習に取り組めない。
  3 福祉・医療等の関係機関との連携について
                                            など

                       相談の申し込み窓口は・・・  

     

幼稚園、保育園、小・中学校、高等学校の先生方へのご案内

 にしき特別支援学校では、通常の学級に在籍する「発達障害」のお子さんの指導に当たっている先生方の支援を行っています。また、特別支援学級に在籍のお子さんに対する指導方法などについてもアドバイスをします。
                       相談の申し込み窓口は・・・

  発達障害のお子さんは、以下のような特徴をもっています
▼高機能自閉症のお子さんの特徴

 ○ マイペースで人に合わせることが苦手である。
 ○ 視線が合わず、気持ちがわかりあえない。
 ○ 言いたいことを一方的に話し、会話にならない。
 ○ まわりくどい言い方や冗談がわからない。
 ○ 反復的な変わった行動をする。
 ○ 特定の習慣や手順に強くこだわる。など

 ※ 高機能自閉症の特徴のうち、言語の発達の遅れを伴わないものを「アスペルガー症候群」と言います。
▼学習障害(LD)のお子さんの特徴

 ○ 話す力はあるが、聞いたことが理解できない。
 ○ 読んだことは理解できるが、文字が書けない。
 ○ 筆算の桁がそろえられない。
 ○ 遊びのルールやきまりがわからない。
 ○ 周囲の状況が理解できない。
 ○ 友達の中に入れず、トラブルが多い。 など
▼注意欠陥/多動性障害(ADHD)のお子さんの特徴

 ○ 課題や遊びの活動で集中し続けることが難しい。
 ○ 忘れ物が多い。
 ○ 席についていられず、注意しても立ち歩く。
 ○ 順番が待てない。
 ○ 質問が終わらないうちに答える。 など