H22年度のおたより

姫小生活科・総合だより 2学期

2011.01.19 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小生活科・総合だより」2学期をお届けします。活動の様子をご覧ください。




総合たより2学期.pdf

姫小図書館だより 2学期

2011.01.19 / 新井美由紀


平成22年度「姫小図書館だより」2学期をお届けします。2学期の活動の様子をご覧ください。




図書館だより(12月22日).pdf

「[緑のカーテン」がこんなに高く伸びました。

2010.09.14 / 廣川 美知代


 大きな緑のカーテンが、姫川原小学校の南窓に引かれました。
 しっかり根をはり、つるを大きく伸ばせるよう、今年は、アサガオを地に下ろして育てました。
 土作りや施肥もしっかり行い、暑い夏休みも水やりに気を付けて世話をしました。緑のカーテンは、わたしたちの期待に応え、こんなに高く伸びました。
 





















 ぐんぐん伸びたあさがおのカーテンは、3階の教室の窓もすっかり覆うほどになりました。猛暑続きですが、緑の葉をくぐって入る風は、とてもさわやかです。
 新学期、登校してきた子どもたちもきっとびっくりすることでしょう。



「あいさつロード」ができました

2010.09.14 / 廣川 美知代


 国道から、姫川原小学校の校門へ曲がると、「こんにちは」の大きな看板が出迎えます。「姫川原小 あいさつロード」です。
 


「進んであいさつができる子どもに!」・・・特に今年度は、学校だけでなく、地域の中でも進んであいさつができる子どもにしていくことを大きな目標にしています。「あいさつロード」の設置は、その取組の一つです。 


「あいさつロード」は、姫川原保育園から学校へ向かう、団地の通りにも設置しました。
 あいさつは、人と人とのコミュニケーションやつながりの基本です。こうした「あいさつロード」の取組を通して、子どもたちの意識を高めるだけでなく、地域の中で、挨拶の輪が広がることを願っています。
 子どもたちを見かけたら、どうぞ「おはよう」「おかえり」と、声をかけてやってください。


姫小通信 2月号

2011.03.11 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小通信2月号」をお届けします。




H22たより2月.pdf

姫小通信 1月号

2011.01.31 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小通信 1月号」をお届けします。




H22たより1月.pdf

姫小通信 12月号

2011.01.19 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小通信12月号」をお届けします。




H22たより12月.pdf

姫小通信 11月号

2010.12.04 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小通信11月号」をお届けします。




H22たより11月.pdf

姫小通信 10月号

2010.12.04 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小通信10月号」をお届けします。




H22たより10月.pdf

姫小通信 9月号

2010.12.04 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小通信9月号」をお届けします。




H22たより9月.pdf

姫小通信 7月号

2010.12.04 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小通信7月号」をお届けします。




H22たより7月.pdf

姫小通信 6月号

2010.12.04 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小通信6月号」をお届けします。




H22たより6月.pdf

姫小通信 5月号

2010.12.04 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小通信5月号」をお届けします。




H22たより5月.pdf

姫小通信 4月号

2010.12.03 / 新井 美由紀


平成22年度「姫小通信4月号」をお届けします。




H22たより4月.pdf

感染性胃腸炎にご注意ください!

2010.12.06 / 竹田 富子


姫川原小学校「保健だより12月号」をお届けします。

上越地域で感染性胃腸炎が急増しています。
お子さんの健康状態を観察し、嘔吐下痢等の症状がありましたら、早急に受診してください。
また、手洗い等予防の励行をお願いします。




ほけんだより12月号.pdf

救急法

2010.09.13 / 竹田 富子


7月16日(金)に、新井消防署の方を講師にお迎えし、親子で心肺蘇生法を練習しました。体育館の中は、皆さんの熱気でますます暑くなりました。


5,6年生にとっては、初めての体験でした。



姫川原小学校の冬

2011.01.31 / 新井 美由紀


姫川原小学校にも、本格的な冬がやってきました。
今日現在、積雪は1メートル以上、教務室から見える景色は、白、しろ、シロ!
一面、白い世界が拡がっています。
姫川原小学校では、冬の体力づくりで全校でクロスカントリースキーに取り組んでいます。
今日は、教務室をちょっと抜けだし、3,4年生のスキー授業にお邪魔してきました。

あたたかい教務室で仕事をしていた私には、外の冷たい空気が痛いほどでした。
でも、子どもたちは元気元気!スキーをはいて元気にコースを滑っていました。
コースの途中に作られた坂も難なく登り、転ばずに滑り降りていました。


そして、がんばっている子どもたちに、とっておきのお楽しみがあるのです!
スノーモービルの後ろにつけられたそりに乗って、コースを走ってもらえるのです。
運転手は、スノーモービルの名運転手の校長先生。
そりに乗って・・・いざ、出発!


「気持ちいーい!」「最高〜!」
子どもたちから、こんなうれしそうな声が聞こえました。
この後、コースを2周走ったのですが、こんなお楽しみがあるからこそ、がんばれるのですね。

姫川原小学校の子どもたちは、大雪も苦にせず、
雪と親しみながら、心も体も大きく成長しています。


めいちゃん…大好き!

2010.09.15 / 岩下


ヤギのめいちゃんは、クローバー山が大好き。
クローバー山にのぼると、サクラの葉っぱをムシャムシャムシャ…。


「小屋に戻るよ、めいちゃん!」…グラウンドやクローバー山のお散歩の後、1年生の子どもたちとめいちゃんはかけっこしながら小屋に戻ります…。



「右・左・右」見て…車に気を付けて横断するよ

2010.09.14 / 岩下


 正しい道路の横断の仕方について、警察の方・交通安全協会の方にご指導いただきました。実際に道路に出て、交通ルールに従い、横断しました。
 交通事故にあわないように気を付けることを誓いました。


 2年生と一緒に、グラウンドの模擬コースの信号に従って、横断歩道を渡りました。自分の目で信号を確認し、「右、左、右」見て、車が来ないことを確かめてから横断します。



今日から姫小っ子

2010.09.14 / 岩下


 暖かい春の日差しに迎えられ、11名の1年生が姫川原小学校に入学してきました。1年生になる喜びや期待で、胸いっぱいふくらんだ子どもたち。
 希望に満ちた小学校生活がスタートしました。




めいちゃん…大好き! 

2010.09.13 / 岩下


ヤギのめいちゃんの小屋の掃除。みんなで敷きわらを交換しました。敷きわらは、堆肥にして来年の畑に使う予定です。


雨の日も、かっぱを着てめいちゃんのお世話をします。
「めいちゃん、ごはんだよ」


岩塩をなめて、鼻が真っ赤になっためいちゃん。ケガをしているわけではありません。「散歩はおしまい。めいちゃん、小屋に戻るよ」…このころになると、もっと遊びたいと思うめいちゃんは、子どもたちが「戻るよ」と言っても動かず座り込むことがあります。小屋に戻すのが大変になってきました…。


ヤギさんが来たよ

2010.09.13 / 岩下 伸子


 武田さんの車に乗って、子ヤギが姫川原小学校にやってきました。


 武田さんが子ヤギを連れてきてくれました。
 最初は、子どもたちも子ヤギも…ドキドキ。


 自己紹介をした後、ヤギのお世話の仕方を武田さんから教わりました。(校歌を歌ったり、歓迎の言葉を発表したり…簡単なセレモニーを行いました。)


ヤギさんに会いに行ったよ

2010.09.13 / 岩下


 ヤギのお父さん、大きいね。大人しいね。
「草だよ。おいしいよ」…最初はドキドキしていた子どもたちも、順番にエサをあげていました。大人しいヤギに慣れてきました。


「ヤギの赤ちゃんかわいいね」…3月に生まれたばかりのヤギの赤ちゃんはかわいくて、「草だよ。おいしいよ。順番になかよく食べてね」いつまでもエサをあげていました。「早く姫川原小学校に来てね。待ってるよ」…


 帰りは、市教委のバスで帰ってきました。武田さんからお土産をいっぱいいただきました。「武田さん、ありがとう。今度、姫川原小学校に来てね」握手しながら「さようなら」をしました。


ヤギに会いに行くよ

2010.09.13 / 岩下


 ほくほく線に乗り、ヤギに会いに行きました。上越市大島区の武田さんのお宅まで、新井南小学校の1年生と一緒に出かけました。


 初めてほくほく線に乗ったという子どもたちも多かったです。
 少しの間、ほくほく線の旅を楽しみました。


 ほくほくおおしま駅から武田さんのお宅までみんなで歩いて行きました。


行ってみよう !やってみよう!さくら探検隊 

2011.01.19 / 斉藤 とし子


〔秋やさいの種まき〕  
 2学期になって、畑が近く、広くなりました。長い畝を6本、畑ボランティアの方々に教えてもらいながら作りました。大根は2畝半に、種を蒔きました。後は、かぶ、野沢菜、わさび菜、味美菜、五月菜の種を蒔き、白菜は苗を植えました。
 初めて鍬を持って、土を盛り上げましたが上手くいきません。結局、ボランティアさんにしてもらいました。種は、簡単に蒔けると思ったのに、とても小さくてなかなか穴の中に入らなくて、いっぱいこぼしてしまいました。芽が出た時に変な場所から芽を出しているのもありました。(…種は正直でした。)


〔大根の収穫〕
 大根がだんだんと太ってきて、土から盛り上がってきました。葉っぱに隠れていた白い大根がニョキニョキ出てきて、畑に白い色が目立ち始めました。楽しみにしていた収穫です。太くて短いもの、細くて長いもの、先が分かれているもの、引っこ抜く度に歓声が上がりました 
 葉っぱは、油いためや塩もみをして食べました。無農薬だから安心して食べられます。全部で200本近く収穫できました。水路の冷たい水できれいに洗いました。嫌がる子は、誰一人いず、手を真っ赤にしながらの作業でした。「おばあちゃんも作っているけど、『2年生が作った大根はおいしいよ。』と言ってくれた!」と話す子どもたちの顔は、とても嬉しそうでした。


〔みんなで“おでんパーティー”〕
 畑のボランティアさん、防犯パトロールボランティアさん、お母さん、おばあさんと、たくさん来ていただき、大根メインのおでんパーティーを行いました。軟らかくてとてもおいしい大根でした。
 前日から、大根を抜き、皮をむき、おでんの具を切り、煮込みました。班ごとに切り方を相談し、オリジナルな形ができました。中には、「こんにゃくは、味が浸み込みにくいから真ん中に切り込みを入れて、クルクルと巻くんだよ。」と、さながら料理講習会のような班もありました。普段のお手伝いや食に関する会話から、学んだことがとても生かされていました。
 家庭では、サラダにしたり、お漬物にしたり、煮物にしたり、いろいろな方法で調理してもらったようです。(おいしかったね!)
 


2年生1学期の活動

2010.09.22 / 斉藤 とし子


 畑いっぱいにつるを伸ばしたかぼちゃが13個収穫できました。重いかぼちゃがいっぱいで、おいしさがぎっしり詰まっっているようです。
 7月16日の「夏野菜カレーパーティー」では、かぼちゃの甘さが際立っていました。収穫するにはまだ早いかなと心配だったのですが、みんなから、「おいしい!」の言葉をもらい、大満足でした。


 町探検で摘んできたよもぎで、よもぎだんごを作りました。グループのみんなで役割分担をし、生地の硬さやゆでる時間を相談しました。つるつるしたおいしいだんごに、きなことあずきをつけて食べました。たくさんできたので、お家にお土産を持って帰りました。
 大きさも形も上手にできました!


 2年生教室には、生き物がいっぱい。
  *ハムスターの「すまいるくん」
   今、1才3ヶ月。人間なら50才ぐらいかな。
  *クワガタの「つよしくん」
   元気で強そうなので「つよしくん」
  *サワガニ 
  *カタツムリ 巨大カタツムリもいるよ。    


2学期の思い出

2011.01.19 / 小島 美香


 9月、ブドウ棚には、甘い匂いが漂ってきました。
 
 ものすごい猛暑の年でした。その影響でしょうか・・・。大きさ、甘さなど、ナイヤガラの実り具合はまばら・・・。それでも、上野さんのサポートのおかげで、無事に収穫し、地域の方々に販売できました。大きな声で「いらっしゃいませ!」を言うのは、ちょっと恥ずかしかったけど、みんなでがんばりました。
 
 たくさん配ったチラシの効果で、たくさんのお客さんが開店前から待っていてくださいました。みんなで育てたナイヤガラは大人気!約30分で全部売り切れ!

 実は、ちょっと甘さが足りなくて今回販売できなかったナイヤガラは、10日後にもう一度販売する予定でした。が・・・、2回目の販売の朝、動物に食い荒らされて・・・。きっとハクビシンの仕業だと上野さんが教えてくださいました。ちょうどよく実ったころが分かったのでしょうね。
 猛暑にハクビシン。自然は、人間の力ではどうにもならない力であることを学びました。

 楽しい販売の日も、ハプニングでがっかりした日も、いつでも上野さんは一緒にいて、見守っていてくださいます。
 
 


 収穫できなかったすっぱいブドウが、たくさん残ってしまいましたが、捨てずに、ジャムにすることにしました。
 
 つぶして、味見して、皮や種を取って、味見して、砂糖やレモン汁を加え、味見して、煮込んで煮込んで煮込んで煮込んで・・・。
 約2時間後、おいしいジャムが完成!
 お手伝いくださったおうちの方々、ありがとうございました。
 
 ナイヤガラは黄緑色なのに、ジャムは茶色。
 パンに付けて食べると、う〜ん、止まらない!

 度々お手伝いに来てくれたおうちの人、いつも教えてくれる上野さんへも、プレゼント。

 大変なこともいろいろあったけど、
 ナイヤガラとの6ヶ月間は、楽しい思い出になったね!


 ナイヤガラの季節が終わり、ブドウ棚の後片付けをしました。
いろいろなことを教えてくださった上野さんへの感謝の心を「恩返し」で表そうということになりました。
 
 上野さんのブドウ園まで、ちょっと出張。みんなで、冬支度のために剪定した枝を集めたり、棚に張り巡らされていたビニールテープを取って巻いたり。上野さんは、いつものニコニコ顔で「ありがとう」と言い、ヤクルトとお煎餅をくださいました。

「また恩が返ってきたね〜。」と子どもたち。

 みんな、ナイヤガラを通して、様々な体験ができました。
 上野さんに出会い、やさしい人柄に触れました。
 高士小学校の3年生ともつながり、交流会は5回目を数えます。
 これらの思い出は、文化祭で劇にして発表しました。
 その発表の様子も、上野さんはニコニコ顔で見ていてくださいました。
 
 みんな、一回り、大きくなったような気がします。


地域に流れる川のひみつを調べよう

2010.09.22 / 辻 亜紀子


 地域を流れる片貝川の探検に出かけました。探検の目的は、片貝川の水質がよいかどうかを調査するためです。特に今回は、川にどのような水生生物がいるかを探し、その種類から水質を調査することにしました。子どもたちはいろいろな生き物を見つけようと張り切っています。


 子どもたちが見つけた生き物を紹介します。数え切れない数のサワガニ。かわいらしい小さなカジカ。トビケラ。それらはどれも水質がよい川に住む生き物であることが分かりました。 



ほしヒカリ米にチャレンジ〜2学期の活動〜

2011.01.31 / 本田 晃真


 11月17日(水)に妙高市内の5年生が集まって、米こめサミットが行われました。わたしたち5年生も参加し、米作りの様子や、活動を通して思ったこと・感じたことを発表しました。他の学校の人たちが来てくれて、わたしたちの発表を聞いてくれました。緊張したけど、自分たちの活動の様子が伝わって、よかったです。




ほしヒカリ米にチャレンジ〜2学期の活動〜

2011.01.31 / 本田 晃真


 11月11日に収穫祭をしました。わたしたちが収穫したお米をかまどで炊きました。家の人から炊き方を教わりました。火加減が難しく大変だったけど、ふっくらとごはんが炊けました。


 ごはん炊きの他にも、豚汁づくりもしました。家の人から切り方を教わりながら野菜を切りました。うまく切ることができました。おいしい豚汁ができました。


 かまどで炊いたごはんのおにぎりと豚汁を味わいながら食べました。また米作りの感想を発表し合いました。そして、お世話になった地域の方に感謝し、楽しく収穫祭をすることができました。


ほしヒカリ米にチャレンジ〜2学期の活動〜

2011.01.31 / 本田 晃真


 10月6日、はさにかけた稲も十分に乾燥し、脱穀をしました。はさから稲をはずし、コンバインで、もみとわらに分けました。


 脱穀したもみは、もみすり機に入れて、もみがらと玄米に分けました。こぼさないように慎重に機械に入れました。


 すべての作業が終わって、収穫できた米は、165圓砲覆蠅泙靴拭たくさんのお米が収穫できて、よかったです。


ほしヒカリ米にチャレンジ 〜2学期の活動〜

2011.01.31 / 本田 晃真


 8月下旬頃から稲が倒れ、9月の中頃にはジュータンのようにすべて倒れてしまいました。9月21日に家の人や地域の人から手伝っていただきながら稲刈りをしました。その倒れた稲を起こしながらの作業でとても大変でした。


 刈り取った稲を束ねます。でも束ね方が分かりません。そこで地域の人にやり方を教えてもらいました。難しかったけど、束ねることができました。


 稲を乾燥させるために、束ねた稲をはさにかけました。地域の人のところに行って、かけてもらいました。


ほしヒカリ米にチャレンジ!! 5年総合

2010.09.13 / 本田 晃真


 5年生は、総合で、米づくりにチャレンジしています。地域の方からいろいろと教えていただきながら取り組んでいます。
 4月16日(金)に種まきをしました。箱にまんべんなくきれいに種をまきました。
 その後、4月27日(火)、苗床に見学に行ったら、苗がしっかりと出て、生長していました。


 5月6日(木)に田おこしをしました。最初に鍬で土を掘り起こしてみました。でも思うようにいかず、機械でしてもらいました。
 5月13日(木)には、代かきをしました。土を泥のようにするために、機械でしてもらいました。入ってみると、意外に気持ちよかったです。
 まもなく田植えです。楽しみです。


 5月18(火)に田植えをしました。お家の方からも手伝ってもらって植えました。苗をしっかりと植えないと倒れてしまうので、土の中にしっかりと植えるように気を付けながら植えました。
 その後、生長の観察記録をつけたり、肥料をまいたりしました。丈夫に稲が生長し、秋の稲刈りが楽しみです。
 
 


総合発表

2010.09.24 / 中村


 鳥坂城の保存会の岩崎さんをお呼びして、高床山の話を聞きました。岩崎さんが数年前にギフチョウの保護を訴え、以後、市の保護指定を受けるようになったそうです。その話を聞き、子どもたちは大変驚いていました。保存会の方々の高床山を守るための様々な活動や悩みを聞かせていただきました。
 今後、自分たちの住む姫川原のよさを調べ、体験し、自分たちに何ができるかを考え、発信していきます。




フレンドスクール

2010.09.13 / 中村


 6月20日(日)から25日(金)の5泊6日で、国立妙高青少年自然の家にて『第3回妙高フレンドスクール』が行われました。第2ブロックは、新井小・新井北小・新井中央小・姫川原小の6年生117名が参加し、16の活動班に分かれて様々な活動を行いました。主な日程は以下の通りでした。
 
 


 20日(日)  開校式、妙高アドベンチャー
 21日(月)  秘密基地作り、屋内オリエンテーリング
 22日(火)  びっくりランチ、基地解体、家族への手紙
 23日(水)  火山学習
 24日(木)  夢見平探検、キャンプファイヤー
 25日(金)  クラフト作り、清掃、閉校式

 
 


 子どもたちにとって、親元を離れての1週間でしたが、大勢の友達もでき、一人もリタイア・大きな怪我をすることもなく過ごせたことは大変うれしいことでした。
 学校だけでは体験できないことをたくさん学ぶことができました。帰ってきた子どもたちは一回り大きくなったと思います。この体験を生かし、これからも学校生活を充実させていきたいと思います。


PAGE TOP