H25年度のおたより

平成25年度 姫川原小学校グランドデザイン

2013.05.08 / 校長 荒川圭子


平成25年度の姫川原小学校グランドデザインです。

<教育目標>豊かな心を持ち 意欲的に学び たくましく生きる子ども
<重点目標>心をつなぎ みんなが伸びる学び

教育目標の実現に向け、学校も地域もともに元気になる、意欲的な活動を推進していきます。




平成25年度妙高市立姫川原小学校グランドデザイン.pdf

全校宿泊体験通信〜その11〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


午前に行った全校算数。
授業の最後の振り返りにおける、
子どもたちの感想をお届けします。

自ら動いて、人と関わり問題が解けた。
どうしたらこの問題を乗り切ることができるのか。
考え、行動し達成することができたようです。


次に教えるときにどうやって教えたらわかりやすいのか。
今日の学習で課題をもったようですね。

考える力、行動する力、人と関わる力。
この学習を通し、子どもたちが身につける力は、
私たち大人が想像することができないぐらい、
計り知れないものかもしれません。



全校宿泊体験通信〜その5〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


「どう、解けた?」
低学年にそっと寄り添い、一緒に考えている高学年。
全校算数では、このようなあたたかい光景が
毎時間、見られます。
全員が時間内に問題を解く「全校達成」を目指し、
学年を超えた関わりを持ちながらがんばっています。


終わりに、学習の振り返りを行いました。
「ここがよかった」「もっとこうすればよかった」
振り返りを行うことで、「次はこうやっていこう」という
方向性が見えてきます。
今日はどうだったかな?
また次も、みんな一緒にがんばろうね!



全校宿泊体験通信〜その4〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


姫川原小学校では、週に1回「全校算数」を実施しています。
全ての児童が同じ場所で関わり、協力し合いながら、
学年に応じた算数の課題を解いていきます。
他の学年と関わり合いながら課題を解決することにより、
説明する力や学習意欲を高め、
そして様々な児童と協力して課題を解決しようとする
心と技能を育てていく、
「かかわり きたえ 高めあう」授業です。


ここ、自然の家でも全校算数に取り組みました。
上越教育大学の学校支援プロジェクトの3人の先生も、
一緒に来てくれました。
見てください、この表情。
みんな、真剣に取り組んでいます。



全校宿泊体験通信〜その21〜

2013.11.22 / 新井 美由紀


子どもたちが書いているのは
2日間の振り返りカード。
昨日から今日までの活動を振り返って書いています。
子どもたちはどんな振り返りをしたのでしょう。

なかよし班活動や全校算数、
そして生活を共にしたことにより、
クラスの仲間だけではない、
姫川原小学校の仲間の「いいところ」を発見できたことでしょう。
そして、家を離れての生活を通し、
家族の優しさ、大切さをあらためて感じたことでしょう。

心も体も、一回り、いや二回りも大きく成長した子どもたち。
もうすぐ、僕たち私たちの姫川原に戻ってきます。

みんな、2日間お疲れさま!
ご家族の皆さん、ご協力ありがとうございました!






<番外編>
最後の昼食メニューです。
やはりこの方、納豆は嫌いのようですね。

さて、2日間に渡りご紹介してきた
このメニューを選んだ人は誰でしょう?



全校宿泊体験通信〜その17〜

2013.11.22 / 新井 美由紀


学校の願い、そして地域の願いが一つになり、
学校も地域も共に元気になる。

姫川原小学校では、地域とともに創る教育活動が展開されています。
その教育活動を支えてくださっているのが、
地域の皆さんをはじめとした、「姫小サポーター」の方々です。
和紙作りの先生、米作りの先生、環境保全の先生、
ブドウ作りの先生、野菜作りの先生、ヤギをお世話してくれた先生。
他にも、様々な活動で多くの皆さんからお世話になりました。
お世話になった先生=サポーターの皆さんへ、
感謝の思いを届けるために、
子どもたちが心を込めて、手紙を書いている様子です。

そして、12月6日には、
サポーターの皆さんを学校にお招きして、
「サポーター感謝の集い」を行います。
サポーターの皆さん、ご来校をお待ちしております!




全校宿泊体験通信〜その3〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


なかよし班みんなの力を結集し、
協力し合いながら次々と、難解な問題を解いていく子どもたち。
みんな、必死です。
そんな中でも頼りになるのが、高学年。
先頭に立って、班のメンバーをまとめています。
とても頼もしい!


今日は、妙高チャンネル、JCVなど、
たくさんの報道の方々が取材に来られています。
カメラを向けられ、ちょっと緊張してるかな?
そんな子どもたちの様子が、近々放送されるようです。
こちらも楽しみですね〜☆


オリエンテーリング終了。
採点の時間となりました。
さて、結果はいかに!?
それは帰ってからのお楽しみ。

雪が舞う寒い妙高。
でも子どもたちは、なかよし班のみんなで協力し、
支え合いながらゴールできたことで、
心も体もあたたかくなったようです。


全校宿泊体験通信〜その2〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


活動の始めは、館内オリエンテーリング。
ポイントにかくされた、頭をひねるたくさんの問題。
その問題を、なかよし班みんなの力で解いていきます。


いざ、スタート!
みんな早速ポイント発見。
問題を確認する子どもたち。
問題は3択クイズ。
さあ、決められた時間内にゴールすることができるか!?



心の栄養

2013.10.08 / 川住 純子


 姫川原小学校では、毎週火曜日に地域のボランティアの方が読み語りをしてくださっています。
 毎回、どんな話を聞かせていただけるのかとても楽しみです。
 10月1日は高学年の会でした。「たいせつなきみ」と「シルクハットぞくは夜中の1時にやってくる」という2つのお話を聞かせていただきました。
 「シルクハット族」というミステリアスな内容、読み語りの方の声の響きに子どもたちは引き込まれていきました。
 その後の外国語活動で、5年生は「ハット」と「キャップ」という英単語を学びました。「どんな違いがあるのかな」という問いに、「つばがあるのとないのだよ」と答えた子。それを聞いたある女の子が、「ああ、シルクハット族ってあったよね」とつぶやきました。本から学びが、いろいろなところに発展するものなのです。
 ボランティアの皆さん、いつも子どもたちのために、いろいろな本を読み聞かせていただき、本当にありがとうございます。姫小っ子の心の中に、栄養がたくさんたまってきました。これからも楽しみにしています。よろしくお願いします。




ゲームを通してかかわりを深める

2013.10.08 / 川住 純子


 アウトリーチとは、英語で「手を伸ばす」という意味だそうです。今回、姫川原小学校で出張サービスをしていただいた団体は、劇団「柿喰う客」のみなさんです。いろいろな場所で公演活動を続けている団体です。
 10月1日は体験活動でした。内容は秘密だったので、当日、どんな活動をするのか子どもたちはとても楽しみにしていました。
 始めに、みんなで「だるまさんが転んだ」をしました。普段何気なく遊んでいる遊びですが、いろいろな条件が加わることで、子どもたちはそれに向かって考えながら活動していました。
 次に、二人組で「アイコンタクト」をするゲームをしました。なかなか相手が見つからずに、ひとりはぐれてしまう場面もありましたが、みんなで全員成功するようにがんばりました。


 最後に、ぬいぐるみをみんなで隠すゲームをしました。鬼の役の子どもに分からないように、みんなで協力して隠すのがみんなの目標でした。うずくまってその中に入れたり、みんなで同じポーズをしたり、鬼が近づくと移動させたり、いろいろな方法をやってみました。
 遊びの中でも、みんなが同じ思いをもち、協力する場面はたくさんあります。学校で過ごしている、何気ない場面でここで培った力を使ってほしいです。


 劇団の方を教室にお招きし、給食を一緒に食べました。5年生は、育てたお米の話をしました。劇団の人からは練習の様子などをお聞きしました。最後に、演技の一部を教室で見せてくださいました。教室いっぱいに響く歌声に、「あんな声が出せたらいいなあ」とみんな感動しました。とてもすてきな声でした。
 プロの方から、現場に来ていただいたことで大きな学びを得ることができました。ありがとうございました。


二期の目標「かかわり」

2013.06.14 / 川住 純子


 6月を迎えました。生活目標は、「自分のよいところや友だちのよいところをみつけよう」になりました。
 今年、姫川原小学校では、重点目標の「こころをつなぎ、みんなが伸びる学び」を目指し、1年を5つの教育期に分けて活動を進めています。
 6月と7月は、「かかわり」をもつ時期です。縦割り班、清掃、行事など、いろいろなところで、いろいろな人とかかわってほしいです。


 また、校長先生から「つなぐ」ということについて、お話をしていただきました。先生は、サッカーのポジションを例にあげて、分かりやすく説明してくださいました。
 自分の役割を守るのは当たり前。それだけでなく、困っている人がいたら、そこまで行ってカバーをするなど、みんなで「つなぐ」ことの大切さを教えていただきました。



あいさつでなかよし

2013.05.08 / 川住 純子


 4.5月の生活目標は「あいさつでなかよし」です。人が人とかかわり合う中で、人は育つと言われます。いろいろなかかわりを通して、心がつながる関係を作っていってほしいです。今年度、創立140周年を迎える姫小。この合い言葉でスタートです。
 毎朝、子どもたちの明るいあいさつで始まる伝統は今も変わりません。あいさつは短い言葉ですが、人と人とが出会う第一歩。いつまでも続けてほしいです。


  4月26日に、「1年生となかよし大作戦」がありました。今年、新しく10名の1年生が入学しました。全校のみんなで心を込めて迎える会をしました。
 1年生の元気な自己紹介に始まり、楽しい1時間でした。一番盛り上がったのは、「王様じゃんけん」でした。1年生を王様にして、じゃんけん勝負!とても楽しかったです。「なかよし大作戦」は、大成功に終わりました。


 姫小の玄関を入った1階の渡り廊下は、今「1年生なかよしロード」になっています。1年生の名前カードと好きなものカードが貼ってある廊下を、毎日子どもたちが通ります。元気なあいさつをしながら、1年生とのなかよしがもっともっと広がるようにがんばります。


全校宿泊体験通信〜その20〜

2013.11.22 / 新井 美由紀


一つの活動が終わるごとに、班で振り返りを行いました。
事前に用意していた人型の模造紙。
みんな気持ちよく楽しい気持ちで活動できるよう、
「自分ができること、友達にしてほしいこと」を
書き込んだものです。
これを基に、活動を振り返り、
書き込みのようにできたこと、
もっともっと、こんないいことがあったよ、
じゃあ次はこうやっていこうよ、など、
話し合いを通してたくさんの発見を分かち合い、
次のステップを踏みました。


全ての活動が終了。
最後の振り返りを行いました。
子どもたちはこの活動を通し、
本当の「なかよし班」になったようです。



全校宿泊体験通信〜その19〜

2013.11.22 / 新井 美由紀


全体での活動の後は、
なかよし班ごとに活動をスタート。
活動内容は同じでも、進行は班ごとに違います。
今日のこの時間をどのようにしていきたいのか、
事前に話し合い、めあてや目標を持って取組を進めています。

昨日から一緒に過ごし、
今まで以上に分かり合えているメンバー。
みんな協力し合いながら活動しています。


今日は妙高チャンネル、
そして上越タイムスの方が取材に来られています。


なかよしチャレンジに登場した
小道具たち。
いったい、どの場面に登場したのでしょう?


全校宿泊体験通信〜その18〜

2013.11.22 / 新井 美由紀


2日目の活動は、
なかよし班による「なかよしチャレンジ!」です。
力を合わせ、様々なアクティビティにチャレンジします。

まずは全体で、
みんなおに・魂で握手・仲間を探せ・進化じゃんけん
など、いろんなゲームを通してなかよくなります。


「仲間を探せ」では、好きな勉強同士で集まりました。
何の勉強だったのかな?


「進化じゃんけん」
いろんなポーズでじゃんけんぽん!


全校宿泊体験通信〜その12〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


本日最後の活動、大縄にチャレンジです。
1月24日の大縄大会に向けて、
今季初のなかよし班による8の字跳びの練習です。

高学年によるデモンストレーション後、練習へ。
そして、3分間の計測。
1年生は、はじめての経験。
「がんばれ、もうちょっとだよ!」
そこには、跳べない子を助け、勇気づける
高学年の頼もしい姿がありました。


終了後、振り返りを行いました。
何回跳んだか、
跳ぶときにどんなことに気をつけたらいいのか、
記録を残しました。
そして、今日の感想を伝え合いました。


振り返りの最後に、
2年生が作ったポップコーンが登場!
「おいしい!」
体を動かしてちょうどお腹がすいてきたころ。
みんな夢中になって食べました。

大縄大会まで、まだ日はあります。
子どもたちは今日の経験を活かし、
目標を持って練習に励むことでしょう。

心をつなぎ、みんなでジャンプ!


全校宿泊体験通信〜その10〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


5年生:算数

マッチ棒クイズに挑戦中。
「これはどう?」「じゃあこれは?」
協力しながら答えを探しています。


6年生:社会

社会の地図問題にチャレンジ。
むむ、いつになく真剣な表情。
どの学年も、場所は違えど一生懸命、学習に取り組んでいます。








全校宿泊体験通信〜その9〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


3年生:国語

国語の授業です。
前を向き、先生の話をしっかりと聞いています。


4年生:図工

版画の下絵描きをしています。
何を描いているのかな?
作品完成が楽しみです。



全校宿泊体験通信〜その8〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


1年生:算数

算数の問題にチャレンジしています。
みんな真剣!です。


2年生:生活

畑でとれたコーンを使い、ポップコーン作りに挑戦。
たくさん作って、全校分のおやつにします!



第1回調理実習〜果たしてそのお味は〜

2013.09.05 / 宮口 正規


先日、調理実習を行いました。私は、「後で試食をお願いします。」と言われていたので、その時間がとても楽しみでした。今回のメニューは、野菜炒めと炒り卵。3つのチームに分かれてそれぞれの味を出そうと頑張りました。子どもたちは自分達の味に少し遠慮がちでしたが、とても美味しくできていました。感想を伝え、試食させてもらったことに感謝しました。


こちらは、とまとチーム。
「炒り卵がとても良かった。バター風味がきいて
いて色もきれい。味も薄めでちょうどよい。」


こちらは、MASKチーム。
「野菜炒めはにんじん多めでの色合いもとても
きれい。甘みのある優しい味で家でも出せそう。」


彼らは、ゴールデンボンバーチーム
「野菜炒めは個人的に一番好きな味。隠し味の
スパイスがよくきいていてよかった。」
 
家庭科担当の先生も、「最初は上手に作れるかドキドキしたけれど、
意外や意外、手際よく美味しく作れた。」と驚いていました。


3学期のスタートは、お楽しみ会から!

2014.01.22 / 小島 美香


2学期にできなかったお楽しみ会を、始業式の翌日に行いました。
子どもたちは、友達と相談しながら準備をし、とても楽しみにしていたので、教室では、一刻も早く行わなければという雰囲気でした(笑)。「3学期やろうね!」という年賀状まで受け取りました。(^−^)


今回、子どもたちは、初めて自分たちで計画・準備をしました。
プログラムを決めて書く係、それぞれのゲーム担当、司会、始めの言葉や終わりの言葉。協力して取り組む姿が見られました。


冬休みが終わり、子どもたちの笑顔が戻ってきた学校。

3学期も、みんなで仲良く、力を合わせて活動していきたいと思います!


1学期の様子 〜入学してからの74日間を振り返って〜

2013.08.07 / 小島 美香


係活動は、「一人一役」に挑戦!

係は、クラスのみんなのための仕事です。

自分の役割に、楽しそうに取り組む子、
「これは自分の仕事だ」と、責任をもって取り組む子、
やる気いっぱいの姿が見られました。





学習に対しても、やる気いっぱいでした。



友達と声を合わせて、
楽しく音読。


自分のやり方を、
みんなに紹介。


1学期の様子 〜入学してからの74日間を振り返って〜

2013.08.07 / 小島 美香


元気な朝の「おはようございます!」
教室に弾む「はい!!」の返事。
休み時間は空っぽの教室。
大変、勢いのある1年生を迎えました!
1学期の74日間を、みんな元気いっぱいに駆け抜けました!

『学校は間違えるところ』をクラスの合言葉にしました。
失敗を恐れず、何でもチャレンジしていけるように、
1年生の、この「勢い」を、学校生活に生かしていきたいと思いました!


2年生と、3年生が、毎朝、校歌を教えに来てくれました。
輪になって、顔を合わせて、みんなで歌うことで、
1年生の緊張した心は、ほぐれていきました。

入学したばかりの1年生にとって、
本当にうれしいサポートでした。

元気な2年生と3年生のおかげで、
1年生は、「姫川原小学校って、楽しいところだなぁ」と、
ウキウキした気持ちになりました。


給食の時間になると、
6年生が、毎日、準備を手伝いに来てくれました。
まだ慣れない1年生に対して、
膝を折って見守ってくれたり、
そっと手を差し伸べてくれたりしてくれました。

6年生が優しくしてくれたおかげで、
1年生は、「姫川原小学校って、いいところだなぁ」と
安心することができました。


4年生総合 にじっ子シネマ撮影隊

2013.05.15 / 堀川 和人


 今年の総合は、映画を作成することに決まりました。「誰が撮影するのですか?」「あなたたちですよ。演じる人も監督もシナリオ作りも、あなたたちにやってもらいますよ。」「やったあ!」「先生、マネージャーがやりたいです」「それは何をするの?」「飲み物を用意したり、〜したり、〜したり・・・」「あなたたちは、まだスターじゃないんだから、マネージャーはいりません! ただねえ、撮影したものを編集したりDVDにしたりするのが自信ないんだよねえ」「児童クラブの○○さんがそういうのが得意で、教えてくれると思います」どんどん構想は進みます。高床山のすてきな所を伝える、おもしろい話にする、という2つのテーマが決まりました。
 はじめは、ギフチョウを撮影しようということになりました。
  ぐずついた天気のせいで、なかなかスタートできませんでしたが、「少し寒いけど・・・行っちゃおう!」と、バスで行ってきました。すごくいいところでした。ムービーも、スチールカメラも子どもたちが交代で撮りました。
 すてきな映像、画像が撮れました。鳥坂城跡からの景色は最高ですね。
 以下は、Aさんの作文です。


5月1日 高床山へギフチョウさがし Aさん
 今日、高床山に行きました。バスから見た景色は、とてもきれいでした。高床山へ行くとちゅうに雪がありました。びっくりしました。木がみんなうすい緑色でとてもきれいでした。
 着いたら、ビデオとデジカメのじゅんびをしました。いろんな人が桜を植えていました。B君の桜があって、B君とC君の名前がありました。(略)歩いていて、だれかが後ろで「あっ」と言ったのでふり向いたら、木に茶色い物体がついていました。ずっと進んでいきました。きれいなむらさき色の花がさいていました。すごくたくさんさいていました。


木の階だんがありました。こわかったです。そして、昔けむりで連絡を取っていた場所に行きました。昔の人は、よくけむりだけでわかるなあと思いました。すごく頭がよくてびっくりしました。
 けっきょくギフチョウはいなかったけれど、春の景色が見られてよかったです。あの木の緑も春でないと見られなかったかもと思いました。カタクリの花が一面にさいていました。まるでカタクリの花畑みたいでした。むらさき色の花びらの色がものすごくきれいでした。ツバキも行きと帰りの両方で見られました。ものすごくたくさんさいていたのでびっくりしました。とてもきれいでした。(略)帰るときも木の緑と川がとてもきれいでした。山から見た風景がきれいでした。学校が見えてうれしかったです。


気持ちを引きしめて

2014.01.14 / 川住 純子


 1月9日に書き初め会をしました。3〜5年生は体育館で行いました。当日は雪が降りしきる天気で、体育館は冷えきっていました。
 それぞれに道具を準備しました。寒い中でも背筋を伸ばしてしっかりと放送の話を聞いている子どもたち。とても立派な姿でした。見ている方も身が引き締まる思いがしました。
 全体の合図で、子どもたちは集中して書き始めました。


 5年生の課題は、「平和交流」です。一画一画ていねいに筆を進めます。字のポイントを考えながら、どの子も冬休みの練習してきた力を精一杯出していました。
 書き初めは、各教室廊下に1月31日まで展示してあります。子どもたちのがんばりをどうぞご覧ください。



新しい年のスタート

2014.01.09 / 川住 純子


 明けましておめでとうございます。
 楽しかった冬休みが終わり、1月8日に始業式が行われました。久しぶりに会った友だちとおしゃべりをしたり、遊んだりするさくらっ子。学校がまたにぎやかな声に包まれました。
 朝清掃の後で、始業式がありました。校長先生の話をお聞きしました。「十二支の話」でした。それから干支の人と輪になって座り、干支の動物の特長についての話を聞きました。


 最後に、今年の年男年女の子どもたちと先生が書き初めをしました。「甲午のとし」と13人で一画ずつ、大筆で勢いよく書きました。「○○行きま〜す」と威勢よ名前を言い、力強く筆をはしらせました。
 今年もいいスタートを切ることができました。 


学級の時間には、冬休みの振り返りや新年の抱負などについて発表し合いました。自主学習やあいさつなど自分の目標をしっかりとみんなに伝えました。
 最後にみんなでお正月の遊びをして盛り上がりました。みんなでわいわい言いながら楽しい時間を過ごしました。
 学級目標「明るい笑顔 つながる心」目指して3学期もがんばります。


仲間との絆を深めて

2013.12.29 / 川住 純子


 11月20日に妙高市文化ホールで「米こめサミット」が行われました。市内の5年生全員が集まり、米作りを通して学んだことを発表しました。
 姫川原小学校は、苗の生長記録をアルバムにして表現しました。大勢のお客さんを前にして、かなり緊張ぎみの子どもたちでしたが、練習したことをやりとげようとがんばりました。
 当日は、他校の発表を聞いたり、古代米を試食したりして、新しい学びがたくさんありました。


 12月17日に2学期の学級集会をしました。今回のメニューは焼きそばとクレープでした。始めにクレープを焼きました。まん丸に焼き上がったきつね色のクレープ。見ているだけでおいしそうでした。次に焼きそばを作りました。野菜を炒めたり、そばをかき混ぜたりしてあっちでもこっちでも楽しそうな声が聞こえてきました。最後に、冷ましておいたクレープにフルーツを入れたり、ホイップクリームやチョコで飾り付けをしました。おいしかったです。
 食べた後は、室内ゲームで楽しみました。



PTC活動をしました

2013.11.11 / 川住 純子


11月5日にPTC活動が行われました。「『ひらひらさくら米12』の塩おにぎりと豚汁で収穫を祝おう」をテーマにし、親子で秋の味を満喫しました。
午前中は、家庭科室で調理です。最初に、親子で豚汁を作りました。包丁を使って野菜を切ったり、ゆで卵をゆでたりしました。「半熟が好きかな?」「大根はどうやって切ろうか?」など、みんなで話しながら楽しく作りました。豚汁を火にかけながら、炊き立ての「さくら米」で塩おにぎりを作ります。三角、丸といろいろですが、中には弾丸のようにまんまるのものもあり、あちこちから笑いが出ていました。のりをちぎって貼り付け、かわいい顔のおにぎりも出現。創り出す喜びを感じました。


会食の時に、親子で感想発表をしました。子どもたちはこれまでの活動を振り返り、いろいろな意見が出ました。
・文化祭の時に、お米がみんな売れてとてもうれしかった。
・田植えは足がうまって大変だったけど、楽しかった。
・稲を刈る感触が気持ちよかった。
また、保護者の方からは「さくら米」についての感想が出されました。
・うちでもお米を育てているけれど、「さくら米」は甘みがあっておいしい。
・文化祭で買ったお米を知り合いにも分けてやったら喜ばれた。
・今日のおにぎりもおいしい。家族で食べた時もみんな喜んでいた。
たくさんの温かいメッセージをいただきました。


午後からは、ドッジボールをしました。中でも特に盛り上がったのが、「親子対決のドッジボール」です。「子どもには負けられない」とがんばるお父さん、お母さん。そして、「絶対あててやる」と闘志を燃やす子どもたち。その熱戦ぶりにたくさん歓声が上がりました。接戦に次ぐ接戦の末、勝ったのは子どもたちでした。どの子も、本当に楽しく遊び、5年生のいい思い出の一つになりました。
親子で思い切り楽しんだレクレーションでした。保護者の皆様、お忙しい中多数ご参加くださり、また、会を大いに盛り上げていただきありがとうございました。


創立140周年記念 地区合同文化祭が終了

2013.10.29 / 川住 純子


 10月16日、文化祭販売用の「ひらひらさくら米12」を袋づめをしました。密封袋の中にこぼさないように慎重に入れました。紙を丸めてロートを作り、その中に米を開けると一気にたくさん入ることを教わりました。

入れた袋を一つ一つ計量機に乗せ、ちょうど1圓砲靴泙靴拭J顕什廚瞭に、お客さんがたくさん来てくれるといいなあと思いながらつめました。
少しこぼれたり、入れた袋が倒れてしまったりもしましたが何とか終了。文化祭の日が楽しみです。


 文化祭では「ひらひらさくら米12」の成長アルバムを発表しました。今年は、基準のところと取水口近くの苗を比較しながら観察しました。その成長の違いをグラフに表して示したり、プレゼンや劇で体験した中で学んだことを表現しました。
 少し肌寒い日ではありましたが、大勢の方から見ていただき、うれしかったです。


 お昼には、「ひらひらさくら米12」の販売をしました。販売時刻の前からたくさんの皆さんが並んで待っていてくださいました。売れるかどうか不安だったのですが、この光景にさくら学年一同大喜びでした。
 「先生!お客さんがたくさん並んでいて大変!」とうれしそうな笑顔。いよいよ開店です。そして、たくさんの方が買ってくださいました。用意していたお米はすべて売り切れ。本当にうれしかったです。子どもたちのがんばりをしっかりと支えてくださる地域の温かさを強く感じました。保護者の皆様、地域の皆様、どうもありがとうございました。


文化祭に向けて

2013.10.08 / 川住 純子


 「ひらひらさくら米12」を収穫してから1週間がたちました。これまでの活動を振り返りながら、わたしたちもがんばったけど、それと同時に地域の方の支えがあったからできたお米なのだと改めて思いました。そこで、とれたお米のうちの一部を文化祭で販売し、地域の人にも味わってもらおうとみんなで決めました。保存袋に入れて販売することにしました。
袋のステッカーのデザインは何がいいかな?と話し合いました。


 その結果、写真のようなデザインに決まりました。みんなで立てた看板。そしてお米のキャラクターを入れました。このキャラクターは、クラスの女の子が考えたものです。どのキャラクターも笑顔いっぱいで、お米のおいしさをアピールしています。


3日、みんなで袋にステッカーを貼りました。子どもたちは、「なんか少し曲がったかも」「早くこの中に米を入れたいな」とつぶやきながら、慎重に作業を進めていました。
 地域の人に支えていただきながら、さくら学年が一生懸命に育てたお米です。10月26日の140周年記念姫川原小学校文化祭で、ぜひお買い求めくださいますよう、よろしくお願いします。お昼頃に販売予定です。


力の限り

2013.10.01 / 川住 純子


 9月27日に「ランRUNフェスティバル」が行われました。持久走記録会です。5年6年は2キロメートルの距離を走りました。
 朝からやや不安な気持ちが半分と意欲的な気持ちが半分。子どもたちのつぶやきを聞いていると、その気持ちがよく分かりました。
 開会式では、各学年の代表が目標を発表しました。


 いよいよ高学年のスタートです。さすがに、力強いスタートでした。苦しいけれど、6年生について行こうと必死に食い下がる子。最後の最後で前の人を抜こうとする子。それぞれの場面で感動がありました。
 


 ゴールまで力一杯走りきる姫小っ子のがんばりは、今年も秋晴れの下で輝いていました。閉会式では、教頭先生がみんなのがんばりをほめてくださいました。
 お忙しい中、たくさんの方から応援に来ていただき、本当にありがとうございました。


ひらひらさくら米12ができました

2013.09.26 / 川住 純子


 今日は、いよいよ稲こきともみすり作業です。朝、学校を出発して麻苧田まで歩いて行きました。およそ30分くらいかけて着きました。
 途中で、秋を見つけながら楽しんで歩いて行きました。くるみ、コスモス、秋の空など、教室を出てみるのも時にはいいですね。
 到着した後で、コンバインを使って稲こきをしました。コンバインに稲を挟んで籾を落とします。残ったわらを16ずつ束ねました。
 最初は、一人一人がやっていた仕事も、みんなで協力すると早いことが分かりました。一列に並んで渡していきます。これもやりながら学ぶ大切なことですね。


 休憩の後で、もみすりをしました。大きな機械の中に籾を入れると、玄米とくず米に分かれて出てきます。
 勢いよく米が出てくる様子を見て、歓声が上がっていました。何度も何度も繰り返しの作業が多かったのですが、よくがんばって働きました。「ひらひらさくら米12」の誕生は、どの子の心の中にも期待でいっぱいでした。


 玄米の重さを足していくと、なんと191.8圓任靴拭これは過去4年間の中でも一番の大収穫です。いろいろな条件が影響したとは思いますが、これまでの子どもたちの継続した観察、そして、姫小サポーターの皆さんの協力、さらに農協の方からのご指導など、たくさんの方から支えていただいた結果だと思います。
 感謝申し上げます。


お日様の恵み

2013.09.24 / 川住 純子


9月23日に稲上げをしました。始めに、米に含まれている水分を測りました。2か所で測りましたが、約13・8パーセントでした。含水分は15パーセントが最適だそうですが、連日好天に恵まれ、よく乾燥が進んだようです。


まず、はさから稲をとって12こずつにして束ねました。8こで1束なので、12だと1.5束になります。「ひらひらさくら米12」を12個ずつまとめるなんて、何かつながっているような感じがしました。


休日にもかかわらず、大勢の保護者の皆様、子どもたちに参加していただき、あっという間に作業が終了しました。暑い中、ありがとうございました。
明日は、いよいよ稲こき、籾摺りの作業です。米作りの最終作業になります。


秋晴れの下で

2013.09.20 / 川住 純子


 9月18日に妙高市親善陸上大会が行われました。朝から、とてもよい天気に恵まれ、秋晴れの下で競技をすることができました。
 夏休みから種目事に練習したり、全体で体力を高めたりと、これまで続けて練習をしてきました。その成果を発揮することができました。
 


 特に、リレーは5,6年男子女子ともに決勝に出場し、力を合わせてバトンをつなぎました。練習したことを心にとめながら、最後までがんばる姫小っ子のすばらしい姿に感動した1日でした。よくがんばりましたね。
 お忙しい中、会場までおいでいただき、応援していただきましてありがとうございました。また、ボランティアとして大会を支えていただき、ありがとうございました。



ひらひらさくら米 12の収穫

2013.09.20 / 川住 純子


 9月17日に稲刈りを行いました。連休の大雨、そして水害、台風と天気が心配されましたが、当日は秋晴れ。姫小サポーターの方のお話では、台風の過ぎ去った後は、湿度もちょうどよく、稲刈りには最適なのだそうです。
 始めは、「バインダー」という機械を使って行いました。バインダー紐が付けられていて、刈り取っていくと自動的に束ねられて田んぼに落ちます。その速さに子どもたちは驚きで、稲の束が出るたびに声を合わせて喜んでいました。


 次に、鎌で手刈りをしました。10株ずつ積み重ねて縛ります。鎌のざくっざくっという音が心地よく、みんな夢中で刈りました。
 そのうちに疲れてきて、腰が痛くなり、時々休みをとって進めました。


 最後に、刈り取った稲ははさがけをしました。「ひらひらさくら米12」をバックに、みんなで記念写真をとりました。
 お忙しい中、子どもたちのために、おじいちゃん、おばあちゃん、そして地域のじょんのび会の皆様からお手伝いいただき、本当にありがとうございました。


ミシンって楽しいなあ

2013.09.20 / 川住 純子


 今年になってから、家庭科の学習が始まりました。1学期には、糸と針を使って手縫いやボタン付けをしました。
2学期は、いよいよミシンの学習が始まりました。始めは、上糸のかけ方です。番号の通りに上手にできました。針の入れ方もポイントを唱えながら、一生懸命やるさくらっ子。正しく行おうとする気持ちが感じられました。
次に、下糸の出し方です。これは「はずみ車」との調整がなかなか難しく、糸がからまったり、うまく下糸がつれてこなかったりしました。しかし、「上糸を釣りのように持ち上げること」や「はずみ車は一往復だけ」など、コツをつかむと、下糸もうまく出すことができました。


 最後に、直線縫いです。試し布を使っていよいよ縫います。スタートボタンを押すと、一気に縫われていく様子を見て、子どもたちから歓声が上がりました。針がゆっくりと上下に動くことで、縫い目ができます。「あ〜あ。ミシンって楽しいものだなあ」一人の男子が、ミシンをしまいながらつぶやきました。



米だより12

2013.08.23 / 川住 純子


 8月17日の田んぼの様子です。お盆を過ぎてから朝夕が少し涼しくなってきました。田んぼに行って見ると、基準あたりの穂が垂れていました。実りの秋に一歩一歩近づいています。
基準値は、114センチ。12日と高さは変わっていません。ところが、取水口は、101センチで、12日から9センチも伸びていました。水温を測ると、基準値33度、取水口23度でした。10度も差があり、驚きました。
 取水口のところは、これから花が咲きそうです。


 8月21日の田んぼの様子です。今日は久しぶりに陸上の練習があり、子どもと一緒に観察をしました。基準のところは、114センチ変わりません。水温は25度でした。昨日の大雨であぜの草がぬれていました。
 取水口を測るとなんと104センチになりました。水温は24度。基準のところとの差は少ないです。取水口のところもがんばっているんだなあと思いました。よく見ると「小さな花」が咲いていました。基準の開花が7日だったので、約2週間遅れてですがうれしかったです。テレビのニュースでは、干ばつで稲が壊滅状態のところもあるとか。水のありがたさを感じます。
 実りの秋に向かって、それぞれ成長を続けているのですね。
 「ひらひらさくら米12」の誕生まで、あともう少しです。



小さいけれど、大きな存在

2013.08.14 / 川住 純子


 8月6日の朝の観察記録です。基準値は、104センチになりました。取水口は、79センチです。昨日より伸びています。
 昨夜、大雨が降ったので葉にたくさんのつゆが付いていました。穂を見ると、何か白い点々が見えました。
 


 近づいて見ると、それは稲の花でした。小さな小さな花なのですが、さくら学年の田んぼにしっかりと咲き、とっても大きな存在に見えました。稲の花は、1日だけ咲くそうです。2時間ほど咲きますが、受粉をすると閉じてしまいます。朝顔や昨年育てたへちまと同じように、稲も受粉によって、「稲のたね」である「お米」ができるのですね。
午後からプールに来た5年生が、稲の花を見付けて感激していました。
 ぜひ、田んぼに行ってください。今がチャンスです。



米だより10

2013.08.07 / 川住 純子


8月5日の朝、田んぼに行ってみると、何か緑の実のようなものが付いていました。近づいて見ると、それは「稲の穂」でした。
 農協の方から教えていただき、「出穂」の予想をして肥料をまきましたが、それが見事に当たりました。天候と水、そして、気温、肥料など、いろいろな条件が関係していることを、あらためて感じています。
 夏休みでまだ、見ていない子どもたちは、ぜひ田んぼに立ち寄って穂を見てください。もうすぐ花も咲きますよ。


 基準値のところを測ってみると、なんと101センチになっていました。休みの間に1メートルを超えていたのですね。大きくなりました。穂が出る時期にも、まだまだ成長し続ける、この力強さに感動しました。


 一方、取水口近くの稲も、いつのまにか79センチになっていました。最初は、基準値の半分だったのに、大きくなりましたね。冷たい水のところでも、少しずつ成長をしていったのですね。


米だより9

2013.07.30 / 川住 純子


 7月30日の朝、陸上練習の前に田んぼの仕事をしました。始めに稲を何本かとり、「穂の赤ちゃん」を観察しました。穂の長さが10〜12センチになると、出穂前日数が10日になります。およそ、8月8日の予想です。
 小さな穂の長さを測りながら、もうすぐ出るのが楽しみになりました。


 この前と2回目の肥料まきをしました。少し土が軟らかかったですが、苗と苗の間を歩いてまきました。この前より、上手にまくことができました。穂が出て、稲が実るといいなあと思いながらまきました。稲の葉がちくちくして、少し痛かったですが、作業をがんばりました。
 


 あまりにも草が増えてきて、みんなで抜くことにしました。コナギやイヌホタルイなど、稲の高さより大きくなってきました。根がしっかりとくい込んでいて、力を入れて一気に抜きました。
 こんなにたくさんとれました(驚)
 作業の後で、サポーターの方から「こびり」をいただきました。作業は大変だけど、仕事をした仲間と一緒に食べるひとときは、やっぱり楽しいです。ごちそうさまでした。


米だより8

2013.07.30 / 川住 純子


 夏休みに入りました。子どもたちが毎朝、観察に来ていた姿が見えません。でも苗はすくすくと育っています。今日、7月26日は、田んぼに水を入れていません。
 さて、5月21日に植えた苗も、今日、基準値の場所が90僂鯆兇┐泙靴拭取水口のところとの差がだんだん少なくなってきています。
 暑いので、水を入れたり、止めたりと調節をしているところです。


 除草剤なしの場所に、とうとう雑草が苗を超えてきました。雑草の本で見たら、「イヌビエ」という植物に似ていました。この前、真ん中にあって抜いたものと同じでした。これから、雑草とのたたかいになりそうです。
 29日の肥料まきのときに、抜きたいと思います。



さくらっ子 逃走中!

2013.07.30 / 川住 純子


 7月23日、学級集会を行いました。前からイベント係が準備してきた集会。いよいよです。朝から、みんなとても楽しみにしていました。
 天気予報では、朝から雨だったのですが、ラッキーなことに曇り。午後から思い切り遊びました。
 最初は「逃走中」サングラス(100円ショップのですが)をかけたハンターが、追いかけるのがとてもどきどき感いっぱい。役になりきれる楽しさ、そして、その場の緊張感がおもしろかったです。


 後半は、男女対抗でバレーボールをしました。女子は地域でも練習しているので、上手でした。でも、男子も負けていません。一度は同点に追いつくがんばりを見せました。男子は、ソフトボールの応援のかけ声で盛り上がっていました。それをにこにこと見つめる女子。最後は、女子に逃げ切られたゲームでしたが、みんな笑顔でバレーボールを楽しんでいました。


 遊んだ後は、みんなでかき氷を作って食べました。冷たくて、食べると頭がキーンとしましたが、甘いシロップがおいしかったです。夏のならではの味。楽しい日でした。
 子どもが川柳を書きました。その中から一つ紹介します。
 かき氷 シロップかけすぎ 舌黄色(笑)
 


米だより7

2013.07.22 / 川住 純子


 7月17日に肥料まきを行いました。この日は、JAの方から来ていただいて苗の様子を見ていただきました。
 まず、「穂肥え」は、実をつけるために必要な肥料をまく大切な作業であることをお聞きしました。時期は、穂が出る18日前と10日前にまきます。穂の状態を切って見てみました。すると、「小さな赤ちゃんの穂」が出てきました。また、苗の長さや葉の色、株の本数から見て、肥料の量を計算しました。
 
 


 それから、バケツに肥料を入れてみんなでまきました。JAの方から「葉の色が薄いところにまくといいね」と言われました。みんな葉の色を見ながら、4圓鯏弔鵑椶砲泙ました。いい実がなってほしいです。


 泥だらけになった足をきれいにしました。用務員さんからホースで水をかけていただきました。かけられるたびに歓声を上げる子どもたち。水の冷たさが心地よい季節になったのですね。お疲れさまでした。
 穂が出る予想は8月5日なので、次の肥料は、7月末頃です。


7月のさくらっ子

2013.07.17 / 川住 純子


 図工で「布から生まれた形」
 家から持ち寄った古着や布。それを自由に切り取ったり、縫ったりしながら、作品を作りました。
 もう使わなくなった布ですが、子どもたちのアイディアでいろいろな形に生まれ変わっていきました。たこ、動物など、新しく生まれてくる楽しさを子どもたちは感じていました。
 休み時間にも夢中になって、作品作りに取り組んでいました。


 地域の食材を食べよう
 7月11日に、学校栄養士の先生と食の学習をしました。5年生は社会科でも食糧生産について学んでいます。先日も日本の自給率の低さや給食の食材の産地について調べ学習をしました。
 先生から、「地域の食材を食べること」や「バランスのとれた食事をすること」など、健康についての話をしていただきました。
 最後に、残りご飯と野菜を混ぜてプライパンで焼いた料理をごちそうしていただきました。カセットコンロで焼いていると、とてもいいにおいがしてきました。食べてみると、とてもおいしかったです。これからも、「よい食材」をおいしく食べていきたいです。


 全校算数で学び合いをしました。今回の課題は、「かけ算か、わり算どちらか。図をかいて2人に説明ができる」でした。
 みんなノートに図をかいて、問題を解きました。友達と説明しているうちに、いろいろな考え方が分かって、おもしろかったです。
 また、低学年に優しく教えたり、カードを集めてあげたりする姿が見られ、高学年として活躍していました。


救急法講習会を行いました

2013.07.17 / 川住 純子


 7月12日、学期末PTAが行われました。そして、夏休みを前に今年も救急法の講習会が行われました。暑い日でしたが、たくさんの方から参加いただきました。
 始めに、消防署職員の方から、「命を救うことの大切さ」についての話をしていただきました。また、「声を掛けにくいことも分かるけれど、ちょっと勇気を出して、声をかけてね」と、思いやりの行動が人の命を救うことにつながることを教えていただきました。


 保護者の方と子どもの2つに分かれ、少人数のグループで心肺蘇生法を習いました。声をかけて意識を確認するところから、助けを呼ぶなど、一連の動作を真剣に行っていました。保護者の皆様も、汗びっしょりになりながら、一生懸命心臓マッサージをしていました。
 


 最後にAEDの使い方を学びました。この講習会では、実際にやってみることで救急時の対応の仕方を覚えることができました。
 もしもの場合は来ないといいのですが、いつ、どこで起きるか誰も分かりません。
 いざという時には、「できることをしてあげる」ことをみんなで学びました。
 ご参加いただき、ありがとうございました。
 また、消防署職員のみなさん、大変ありがとうございました。「人の命を救う」ためにひたむきに努力する姿勢、そして、熱意あるご指導に感動しました。


米だより6

2013.07.04 / 川住 純子


 「さくら米観察日誌」を紹介します。
7月1日(月)基準の苗 64僉ー菴絽近くの苗 34
 地割れをしていました。苗は休みの間に2僂らい伸びていました。カエルが前よりももっと増えていました。水が入っていないのに、少しずつ伸びているのがふしぎです。


7月2日(火)基準 65僉ー菴絽 35
 水が入っていました。どじょうが取水口の近くにいました。雑草がちょっと増えてきました。苗の長さは昨日とあまり変わらなかったです。分けつもしていませんでした。
7月3日(水)基準 65僉ー菴絽 37.5
 除草剤をまいていないところの雑草がたくさん生えて、大きくなってきました。水が入っていませんでした。1竸びたけど、前よりもあまり伸びなくなってきました。でも、取水口近くの苗は伸びています。



米たより5

2013.07.02 / 川住 純子


毎朝、登校すると、友だちと田んぼに向かいます。雨の日も、晴れの日も観察を続けている様子を見ながら、さくらっ子は根気強いなあと感心しています。毎日交代で、日直が稲の観察日記を書いたり、デジタルカメラで写真を撮ったりしています。  
 


 6月21日の午前に「田の草取り」をしました。初めに、姫小サポーターの方から、「中干し」の意義を教えていただきました。分けつの本数が15〜20本くらいになると、無駄な分けつを防ぐために行うのだそうです。


次に、熊手と除草機(通称:ゴロというのだそうです)を使って、草取りをしました。苗と苗の間を滑らせながら進むのですが、つっかえてうまく進まなかったり、すいすい進んだりしながらも、いっしょうけんめい仕事をしていました。「コツがわかった!」と言いながら喜ぶ姿もあり、「仕事はやってみておぼえるもの」だなあとあらためて感じました。
 最後に、みんなで作った看板を立てました。今、苗は64僂砲覆蠅泙靴拭これからも成長が楽しみです。


初泳ぎに歓声

2013.06.19 / 川住 純子


 17日3時間目に、今年初めての水泳授業がありました。最初に準備運動をしてから、プールに入りました。シャワーの水が冷たかったです。始め「流れるプール」をしました。みんなで流れを作ると、ふわっと体が浮かんだように泳ぐことができ、楽しかったです。
 


 それから、昨年度練習した泳ぎを確かめながら、泳いでみました。6年生は、25メートルを泳ぎきる人が多く、すばらしかったです。5年生も6年生に続いてがんばって泳ぎました。
 まだ水は冷たかったけれど、初泳ぎに歓声が上がっていました。



米だより4 

2013.06.19 / 川住 純子


 今年の米の名称が決まりました。「ひらひらさくら米12」です。
「ひらひら」・・さくらが舞い落ちるようにお米がたくさんとれる願いをこめて
「さくら米」・・5年生の学級名「さくら」を付けました。
「12」・・・5年生11人と担任の先生を合わせると12人だから。

 みんなで相談して決めました。いろいろな意見が出ましたが、その中のいいところをつなぎ、この名称に決定しました。


 6月14日、みんなで看板をかきました。看板のアイデアは、代表の人が考えおおよその案をみんなに示しました。また、お米のキャラクターも考え、全員の投票で多かったキャラクターを看板に描きました。
 作りながら、「なんだか明るくていいねえ」「絵が入ると楽しそうになるね」と話しました。
 田んぼに立てる日が楽しみです。


 毎朝、子どもたちは登校後に田んぼに行きます。長さを測ったり、水温を調べたりしながら観察します。毎日見ていると、その日その日の変化がよく分かります。
 最近は、へびが田んぼに来たり、おたまじゃくしが大量に発生したりして、びっくり。すくすくと育っている苗を見るのが楽しみです。17日現在で、苗の長さは42センチになりました。


大きなステージで見せた 姫小魂

2013.06.14 / 川住 純子


 6月13日、新井小学校での姫小のドラマは、感動的でした。姫小の一つ一つの試合は、人の心を感動させる何かがありました。それは、「勢い」「仲間との絆」「笑顔」「粘り強さ」「ひたむきさ」「仲間を応援する姿」・・・いくつものすばらしい場面がありました。


 さくらっ子は、6年生とともにステージに立ち、自分の役割を一生懸命に果たしていました。学校の代表として、大きなステージで相手に挑んでいった姫小っ子。どの子もよくがんばりました。
 次の日の朝、子どもたちと大会を振り返りました。
「相手の動きは早かったけど、それをガードしてがんばった」
「出番は一回だったけど、それに全力を尽くした」
 一番大事なことは、自分がどれだけがんばれたのかです。そのものさしで測れば、昨日のさくらっ子のがんばりはベストだったと思います。
 とてもすてきな子どもたちだなあと思いました。お疲れ様でした。
 当日、たくさんの方々から子どもたちの応援に来ていただき、本当にありがとうございました。



みんなの力で

2013.06.10 / 川住 純子


 6月6日、4年生以上でプール清掃を行いました。プールでの2時間は、暑かったですが、とにかくよく頑張りました。真っ黒だったプール床や壁を、デッキブラシやたわしでこすり続け、見事にきれいになりました。


 去年、さくらっ子が育てた『へちまたわし』を使ってみました。すると、これがなんと大活躍!!へちまを使ってこすると、意外によく落ちるのです。「すごい。へちま最強!」と絶賛。先人の教えはすばらしいですね。さくらっ子ありがとう。おかげで水泳授業を迎えられます。



明るい笑顔 つながる心

2013.05.31 / 川住 純子


 5月30日に学級集会を開きました。今日のメニューは「お好み焼き」です。これは子どもたちと相談して決めました。
 始めに、ボールに材料を入れ、よく混ぜました。「ほら卵割って」「粉入れてもいい」と声をかけながら仕事を進めていました。
 次に、ホットプレートを温め、油を引いてから焼きました。こんがり茶色になってくると、とてもおいしそうな香りがしました。


 焼けたものから皿に盛り、ソースやマヨネーズをかけてできあがりました。それぞれに、顔をかいたり、模様を描いたりしておいしくできあがりました。
 さあ、会食。みんなで「運動会のがんばりをたたえて」乾杯をしてから食べました。みんなで焼いたお好み焼きは、とてもおいしかったです。みんな、明るい笑顔いっぱいでした。


 後片付けをした後、ゲームをしました。みんなで盛り上がったとても楽しい集会でした。学級目標のように、みんなのこころがつながってきました。


140周年 地区合同運動会

2013.05.29 / 川住 純子


 25日の運動会では、競技や役員の仕事、また子どもたちへの温かい声援・・と保護者・地域の皆さまから大いに盛り上げていただき、感謝申し上げます。
 さくらっ子は、今年、サブリーダーとして活躍する場面がたくさんありました。まさに、「姫小魂」いや、「さくら魂」を見せてくれました(^_-)
 


 今年、姫川原小学校は、創立140周年を迎えます。それをお祝いして、競技にもいろいろ工夫がなされました。
 高学年の親子種目では、「親子で140メートル」です。最後に親子で二人三脚をしました。お父さんやお母さんとぴったりと寄り添ってゴールする姿。猛スピードでゴールする姿。親子の強い絆を感じました。ありがとうございました。 


 運動会のクライマックスは、「風船飛ばし」です。ハートの140個の風船を大空に飛ばしました。
 閉会式の後、学級に戻ってからわたしが見付けた一人一人に感動の姿を伝え、労をねぎらいました。それぞれの役割をしっかりと守り、行事を終えた子どもたちの表情は、ちょっと疲れているものの、とても晴れ晴れしい感じがしました。
 この運動会で得た力が、今後どんな力となっていくのか、担任としてとても楽しみです。本当にありがとうございました。


米だより3

2013.05.23 / 川住 純子


 17日に田んぼの代かきをしました。始めに、あぜの草取りをしました。最初うまくいかなかったけどだんだんなれてきて、きれいなあぜになりました。
 それから、三本ぐわなどを使って、代かきをしました。長靴がなかなか抜けず、身動きがとりにくかったです。でも土と水を混ぜながら田植えがしやすいようにがんばりました。
 その後で、機械を使って代かきをしていただきました。田植えの準備が少しずつ進んでいきます。


 21日、いよいよ田植えの日がきました。素足で田んぼに入ると、ぬるっとしていて、水がなま温かかったです。印をつけた線を張って、そこを目印に植えました。3〜4本植えました。苗の持ち方を教えていただいたら、筆の持ち方に似ていました。だんだん慣れてきてうまくなった頃、終了。楽しい作業でした。
 サポーターの皆さん、保護者の皆さん、地域の「じょんのび会」の皆さんから手伝っていただき、本当にありがとうございました。


 植えた後の田んぼです。これから秋まで大きく育ってほしいです。また、一カ所だけ、「除草剤なし」の場所を作りました。除草剤をまいた場所と比較しながら、稲の栽培をしていきます。


米だより2

2013.05.15 / 川住 純子


 姫川原小学校の5年生は、毎年地域の方から田んぼを貸していただいて、米作りの活動をしています。本当にありがとうございます。
 4月25日に、田おこしをしていよいよ始まる田植えの準備です。
 最初に、肥料をまきました。肥料をまく理由や肥料の成分など、サポーターの方から教えていただきました。


 次に、くわで田んぼをおこしました。硬い土にくわの刃が刺さると、手にずしんと力が伝わってきました。少し体験しただけなのに、腰が痛くなったり、くわを持つ手の皮がむけたりしました。こうやって一つ一つ手をかけながら、おいしい米がとれるんだなと思いました。



自然の中で

2013.05.15 / 川住 純子


 5月10日、全校児童みんなで遠足に行ってきました。晴れ渡った空の下、高床山のキャンプ場目指して歩きました。
 久保田から山道に入り、上り坂を上ります。今年入った1年生もがんばって上りました。
 キャンプ場では、なかよし班ごとに豚汁を作りました。それぞれの班で話し合った具を入れたので、とうもろこしあり、さつまいもありの子どもたちの考えた豚汁ができあがりです。
 


 午後からは、学年の活動です。5年生は、「ネイチャーゲーム」をしました。最初は、「木の葉のカルタ」をしました。同じ葉っぱを見付けて取るかるたです。自然のものを使って遊ぶのも楽しいなと思いました。
 次に、「いねむりおじさん」をしました。教室にいるキリンのぬいぐるみも遠足に連れてきてあげたので、キリンを使ってゲームをしました。おじさんに見つからないように、キリンの宝物をもってくるスリルが楽しかったです。


 最後に「わたしは誰でしょう」ゲームをしました。絵カードを背中に貼り、その動物を質問をしながら当てるゲームです。なかなか分からなかったのですが、後半になって「当たり」が続出。自然の中で大いに盛り上がったさくらっ子でした。


米だより1

2013.05.08 / 川住 純子


 4月中旬、すじまきをしました。姫小サポーターの方から協力いただき、すじまきの仕方を教えていただきました。
 はじめに、苗箱の中の土について教えていただきました。肥料の入った土で芽を出すのに適しているそうです。次に、すじまきの方法を聞きました。箱の中に均等にならすことが大事だそうです。さっそくみんなで体験をしてみました。実際にやってみると、なかなかうまくいかず、端の方がまいていなかったり、重なって厚くなってしまったりしました。
 うまくできなかったところをみんなで直しました。最後に合格をもらえてうれしかったです。
 次は、田おこしです。




4月のさくらっ子

2013.04.22 / 川住 純子


 さくら学年の今年の目標が決まりました。「明るい笑顔、つながる心」です。みんなでそれぞれ意見を出し合い、その中からキーワードを残していき、決めた言葉です。
 さくらっ子は、なんと言っても明るいあいさつが笑顔でできるところがすてきな子どもたち。
 みんなで気持ちをつなげながら、いろいろな目標に向かって挑戦できたらいいなあと思います。


 学級活動の時間に、みんなで学級目標に飾りを付けました。「さくら学年」なので、桜の花びらを付けました。花びらや花を切り、大きな色画用紙に貼り付けました。花びらが流れるように貼りました。一年間この目標目指してがんばります。


 19日に学習参観でした。5年生は、算数の学習「単位量当たりの大きさ」でした。
 マットの数が同じで人数が違った場合、そして、人数が同じでマットの数が違う場合など、いろいろな場面でこみぐあいを比べました。
 視聴覚教材を使って、人数を移動することで目で見て分かるように工夫しました。
 最後に単位量を使って比べることのよさをまとめました。
 全員の方から参観いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。


さくらの季節

2013.04.09 / 川住 純子


 さくら学年は、今年5年生になりました。いよいよ高学年の仲間入りです。8日の始業式の日、11人全員がそろって新学期を迎えることができました。うれしかったです。久しぶりの学校だったので、友だちとおしゃべりするのがとても楽しそうでした。どの子も高学年としてがんばっていこうとする様子が伝わってきました。
 学級の活動が終わった後で、入学式の後片付けを進んで行いました。重い植木鉢を一生懸命に運ぶさくらっ子を見て、とても頼もしいなあと思いました。
 今年一年、どんなドラマがあるのか楽しみです。




修学旅行通信 その10

2013.10.11 / 新井 美由紀


2日間の全日程を終了。
子どもたちは元気に、カーフェリーで小木港を出発しました。
海が荒れて、すごい揺れだそうです。
でも大丈夫。
みんな酔い止めを飲んで準備万端。
直江津港までカードゲーム等の遊びを楽しみながら船旅をします。

もうすぐ楽しい旅も終わります。
たくさんの楽しい思い出と、
佐渡でお世話になった皆さんとのあたたかいつながりをもって、
僕たち、私たちの姫川原に帰ります。






修学旅行通信 その9

2013.10.11 / 新井 美由紀


修学旅行最後の体験活動、砂金採りに挑戦!
西三川ゴールドパークに行ってきました。
砂金採り体験には初・中・上級とコースが分かれているそうです。
6年生は、雨が降ってしまったので、初級コースでの挑戦。

金、金、金よ出てこい〜!
みんないつになく、真剣な様子。
さて、どれだけ取れたかな?
お家の皆さん、帰ってからのお楽しみ☆




修学旅行通信 その8

2013.10.11 / 新井 美由紀


尖閣湾を離れ、トキの森公園へ向かいました。
トキの森公園は、佐渡のほぼ中央・新穂地区にあります。
実際に佐渡でトキをみれるのは、この公園のみだそうです。
公園の中に「佐渡トキ保護センター」と「トキ資料展示館」があります。
トキの生態や保護増殖、野生復帰に向けての取組など、トキに関する様々な事柄を知ることができるそうです。
残念ながら、トキを間近で見ることはできなかったそうです。
展示館では、バスの運転手さんが説明しながら回ってくださったそうです。
昨年の6年生もお世話になったバス会社さんです。
姫小っ子へのあたたかい心遣い、本当に感謝です。
ありがとうございます!




修学旅行通信 その7

2013.10.11 / 新井 美由紀


芸術にふれた後、尖閣湾に向かいました。
海中透視船シャーク号に乗船です。
船底に長さ2m、幅1mの強化ガラス4枚を連結した大型船です。
尖閣湾の全景を遠くより眺望し、海底の様子や魚の遊泳を楽しむことができます。
しかし…。
天候が悪く、すごい波の中での乗船でした。
そして、魚はよく見えず(涙)
酔わないように遠くを見つめることに集中していたようです。
お昼ご飯はちゃんと食べれたかな…?





修学旅行通信 その6

2013.10.11 / 新井 美由紀


金山を出発し、無名異焼体験に「玉堂窯元」へ向かいました。
無名異焼は、佐渡金山の山中から産出する酸化鉄を含む鉱物を
無名異(むみょうい)と言い、それを陶土に用い、高温で焼いたものだそうです。
これを使って飲むお茶はひときわ美味しいとのこと。
生け花に使うと、花の持ちがよいとのこと。
6年生は、コップ、湯飲み、ご飯茶碗から1つ選んで作りました。
指先まで精神を集中させました。
ネームを入れ、乾燥後、学校に送られてきます。
真剣に取り組んだ、世界に一つしかない作品。
完成が楽しみです。




修学旅行通信 その5

2013.10.11 / 新井 美由紀


旅館での楽しい思い出を胸に、佐渡金山へ向かいました。
国史跡に指定されている江戸時代の採掘跡がある坑道を歩きました。
展示室には…見てください、こんな大きな金塊が!
12.5kgにもなるこの金塊を、透明なケースから取り出せた人に
記念品が渡されるとのこと。
ただ、腕が1本入るぐらいの穴しか開いていないため、
金塊を持ったらなかなか抜けないらしいのです。

みんな、必死です!




修学旅行通信 その4

2013.10.11 / 新井 美由紀


体験活動を楽しんだ後、宿泊先へ。
「かぶせの湯やまき」さんにお世話になりました。

見てください、この豪華な夕食を!
右上にあるカニ。1人に一杯ついたんですね!
そしてここでテーブルマナー講習会。
カニの上手な食べ方を校長先生から教えてもらい、
みんな黙々と、とてもきれいに食べていたようです。
お腹いっぱいになったことでしょう。


昨日の夜はよく眠れたのかな?
朝、担任の部屋チェック。
…何も言わずともこの状態。
感激の担任(涙)
きっとフレンドスクールの体験も、活かされているんでしょうね!

さあ、残すは今日一日、
たくさんの思い出を作ってきてね!



修学旅行通信 その3

2013.10.10 / 新井 美由紀


たらい舟で苦労の後は、待ってましたのアジ釣り、魚拓体験。
噂によると、かなり大漁だったとか・・・。
こちらの話はまた帰ってからのお楽しみ。

そして、佐渡太鼓交流館での太鼓体験へ。
有名な「しんちゃん」先生の指導の下、
1人1人の音楽センスを最大限に発揮しながら取り組みました。

音楽家のみんな、かっこいいですね!





修学旅行通信 その2

2013.10.10 / 新井 美由紀


無事、佐渡島に到着しました。お天気もいいようですね。
体験活動その1。
早速、たらい舟に挑戦です。
進めるためには「∞」を描くように漕ぐ、
あまり力を入れすぎないのがポイントとのこと。
しかし、これがなかなか・・・難しい!
運動の得意な6年生ですが、苦戦しているようです。
がんばれ!!




修学旅行通信 その1

2013.10.10 / 新井 美由紀


心配された台風の影響もなく、6年生が修学旅行に出かけました。
行先は佐渡島。1泊2日の旅です。
1〜5年生の仲間全員と一緒に出発式。
保護者の皆さんにも見送っていただきました。


直江津港からフェリーに乗り、いざ佐渡島へ!
船の中でも元気な6年生。
期待と希望に満ち溢れた、楽しい旅が始まります!



8月1日(木)苧引き(おびき)体験!

2013.08.06 / 宮口 正規


「わたしたちも自分たちの卒業証書を作りたい」ということで始まった今年の総合。これまで、紙の原料になる植物「カラムシ」を育てたり調べたりしてきましたが、この日はいよいよカラムシを刈り取り、繊維を取り出す活動に挑戦しました。

午前6:30。眠い目をこすりながらもカラムシの刈り取り開始。調子が出てくるとどんどんこなしていく子どもたちはさすがでした。今回は市民大学の講座受講生の方々とも、一緒に活動しました。刈り取り終了後、一時帰宅。


午前9:00。集合15分前なのに子ども達が続々と集まってきます。「さあ、これから苧引き体験に出かけるぞ!」という意気込みでしょうか。
ところが、バケツをひっくり返したような大雨。そんな中、バスが到着。現地に向かいました。

午前9:30。雨は続きますが、高橋さんの作業場の中でお話を聞き苧引き体験開始。カラムシの皮をむき、さらにヘラを使って、薄く薄く繊維をそいでいきます。「子ども達の手つきがうまい」といろいろな方に褒めてもらいました。何度かやっているうちに、目つき手つきが職人のようになっていきました。


調子が出てきた頃には雨も上がり、終了時刻も間近に。始めてから休みもなく集中し続け、卒業証書に十分な量をとることができました。

そして、全員で記念撮影をし帰路につきました。ある子は、「汚れたけど、とても達成感があってよかった」と感想を述べ、家に帰っていきました。


フレンドスクールに参加しています!

2013.06.27 / 宮口 正規


2日目。結構仲良くなり笑顔でおしゃべりする様子が見られてきました。この日の午前は外国語活動。いい天気で気温も上がりましたが、それぞれのグループが4つのチェックポイントの課題をクリアしながらゴールを目指しました。1枚の地図を頼りに、みんなで頑張る姿が素敵でした。
午後は妙高アドベンチャーでした。全員の協力がない限り絶対にクリアできない課題に挑戦していました。できたときの「やったぁ」の声。そんな達成感がまた絆を深めるのでしょう。


3日目はあいにくの雨。火山学習で噴火実験をしたり見学に出かけたりしました。妙高山の噴火で飛ばされたという巨大な岩、惣滝の迫力、チョコレートケーキみたいな地層など普段見られない景色を観察できました。途中、燕温泉の足湯に入る楽しみもありました。

そろそろダンスの練習も軌道にのってきました。毎日の食事も楽しみのようです。
しっかり食べてしっかり休んで、あと2日を充実させたいと思います。



カラムシを育ててみよう

2013.05.23 / 宮口 正規


先週のことです。麻苧田の高橋さんのお宅を訪問してきました。体力づくりのため(!?)歩いたりジョギングしたりして約20分で麻苧田に到着。目的は、カラムシを学校に持ち帰ることです。調べ学習でカラムシの特徴について大まかに理解しましたが、どのように成長するのかを見てみようということになったのです。
早速、高橋さん宅の近くにある「からむし街道」に案内してもらうと、辺りにはカラムシが群生していました。
そこで、カラムシ、コウゾ、クワの3種類を見せていただき、どれも繊維が取れることやカラムシとコウゾがよく似ていること、上杉謙信は青苧(カラムシからとった繊維)を資金にしていたことなどのお話を伺いました。


そしてその後、いよいよ採集です。

「うわーっ、固っ!」「取れないっ!」と悪戦苦闘しながら何とか取りました。地下茎がとてもしっかりしていてそう簡単には駄目にならない植物なのだそうです。さらには、その辺に投げ捨てておくと根が伸び群生してしまうので始末の仕方には気をつけないとならないことも教えていただきました。子どもたちは、イメージしていた根とは違い太―い根であることに驚いていました。


帰ってから、植木鉢に植えました。暑かったせいか、カラムシの頭は下を向いていました。生命力があるそうなのでそのうち元気になるだろうと、子どもたちはたっぷり水をやっていました。

しかし、なかなかうまく根がつかず、どうしようかと相談中です。


全校宿泊体験通信〜その16〜

2013.11.22 / 新井 美由紀


朝の朝食風景が届きました!

ご家族の皆さん、ご安心ください。
みんな食欲もあり、とても元気だそうです。
今日も1日がんばれそうです!






全校宿泊体験通信〜その15〜

2013.11.22 / 新井 美由紀


子どもたちが宿泊したアンドロメダ棟の部屋の中です。
ベッドの部屋が階段の上にあります。
とても広くて、過ごしやすそうですね。


昨日の夕食メニューです。
メニューの豊富なこと!これでもほんの一部です。
これをセレクトした方、
お昼のメニューもそうでしたが、
とてもバランスがいいですね〜。


今日の朝食メニューです。
これをセレクトした方、
どうやら納豆が嫌いのようです。

朝ごはんをしっかりと食べて、
今日も1日がんばりましょう!


全校宿泊体験通信〜その14〜

2013.11.22 / 新井 美由紀


おはようございます。
全校宿泊体験活動2日目となりました。
空にはどんよりとした雲が一面に。
今日も寒い1日になりそうです。

さて、姫小っ子のみんな。
昨日の夜はよく眠れたかな?
本日は、昨日の夜、消灯前。
部屋で楽しく過ごす
子どもたちの様子をお届けします!

カードゲーム中。


こちらもカードゲーム中。


さらにこちらもカードゲーム。
トランプやUNOを楽しんだようです。


全校宿泊体験通信〜その13〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


1日目の活動が終了しました。
みんな、とっても元気です。
これから荷物を持って部屋に入ります。
リネン係のみんな、ご苦労様。
このあと入浴、そして楽しい夕食になります。

明日もまた元気に楽しく活動できるよう、
今日はゆっくりと休んでね。







全校宿泊体験通信〜その7〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


午前の活動が終了し、
みんなが待ってた、楽しいお昼の時間です。
自然の家の食堂は、バイキング形式。
何を食べようかな?
迷ってしまうほどたくさんのメニューです。
さて、これは誰のセレクト…?
とてもバランスがいいですね〜☆


食事の時も、なかよし班でテーブルを囲みます。
お盆の上は、お皿でぎっしり!
みんな、おいしそうに食べています。


「ごちそうさまでした!」
残さずきれいに食べた食器を返却へ。
お腹も心も満たされた、大満足のお食事タイムでした。
これで午後の活動もがんばれそうだね!


全校宿泊体験通信〜その6〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


先ほどもお知らせしましたが、
「この活動をぜひ取材させてほしい!」と、
たくさんの報道関係の方々が来られています。
全校を代表して、6年生が取材に答えています。
堂々と自信を持って答えています!

そしてJCVの放送は本日、21日とのこと。
皆さん、チェックしてみてくださいね!




全校宿泊体験通信〜その1〜

2013.11.21 / 新井 美由紀


今日から2日間、全校宿泊体験活動です。
みんな、今日が来るのを楽しみしていたようです。
ドキドキ、ワクワク。
昨日の夜は眠れたのかな?

「行ってきます!」
元気な笑顔とあいさつを残し、
バスに乗って、いざ妙高青少年自然の家へ!


自然の家に到着。
バス酔いもせずに、笑顔です。


到着式を行いました。
自然の家の方のお話を聞く姿がとても真剣で頼もしい。
さすが、姫小っ子です。
さあ、いよいよ体験活動がスタートです。
みんな、楽しい思い出をたくさん作ってきてね!!



地区陸上大会 姫小っ子 健闘!!

2013.10.08 / 宮口 正規


10月4日(金)に上越地区小学生陸上競技選手権大会が行われ、これまでの大会で参加標準記録を突破した8名が代表として参加してきました。

天候は良好。高田公園陸上競技場で700名を超える選手の中、8名の姫小っ子はベストを尽くして戦いました。

2つの入賞、5つのベスト記録更新と目に見える成果も大きかったですが、それ以上に一人一人のがんばりが輝いていました。大きな拍手を送りたいと思います!




親善陸上 姫小大健闘!

2013.09.20 / 宮口 正規


9月18日(水)台風一過の気持ちの良い秋晴れの中、5・6年生は親善陸上大会に参加しました。今年は雨が多く外での練習が十分でなかったため、不安もある中の参加でしたが、それぞれの種目で精一杯のパフォーマンスをしてきました。

15個の入賞、自己ベスト更新など、大規模校に負けない姫小パワーを発揮することができました。リレーは、バトンを大事につなぎ、5・6年男女とも決勝に進むことができました。

たくさんの保護者の方から応援に来ていただき、子供たちのやる気も高まったと思います。大変ありがとうございました。




姫小通信3月号

2014.03.19 / 校長 荒川圭子


時期を外して降り続く雪。
でも、子どもたちは寒さに負けない。
雪を存分に楽しみ春を待つ。

力の限り走りぬいた雪上運動会、スキー大会。
太陽とともに子どもたちの笑顔が輝いたスキー教室。
そして、卒業へのステップ。
どの活動も地域との絆が光った1年間。

関わってくださった皆さんへ
姫小通信を見てくださった皆さんへ
感謝を込めて。
今年度最後の姫小通信。どうぞご覧ください。




姫小通信3月号.pdf

姫小通信2月号

2014.02.18 / 校長 荒川圭子


今年は近年にない少雪の2月。
学校の外では、グラウンドを楽しそうに駆け回る低学年。
クロスカントリースキーで颯爽と駆け抜ける高学年。

学校の中では、学年を超えたつながり。
新1年生や保護者の皆さんを招いた「おもてなし」。
卒業する6年生から、伝統を引き継ぐ鼓笛。

様々な冬模様。
思いきり冬を楽しむ、姫小っ子たちの様子をどうぞご覧ください。




姫小通信2月号.pdf

姫小通信1月号

2014.01.16 / 校長 荒川圭子


1年の締めくくり、3学期に入りました。
子どもたちは、長い休みで充電完了。
始業式には元気な顔を見せてくれました。

平成26年、今年は午(うま)年。
姫小の恒例行事となった、年男・年女によるリレー書。
9日に行われた、筆に魂を込めて書いた書き初め。

伝統ある日本の文化を満喫した子どもたち。
3学期もすばらしい活躍をみせてくれることでしょう。
26年初め、子どもたちの様子をどうぞご覧ください。







姫小通信1月号.pdf

姫小通信12月号

2013.12.17 / 校長 荒川圭子


2学期、実りの秋。そして、深まりの秋。

全校宿泊体験活動を通し、深まった子どもたちの絆。
そして、教育活動を支えてくださった、地域やサポーターの皆さんとの絆。

「みんなに生かされる私」を体で、心で感じながら、
成長した子どもたちの様子を、どうぞご覧ください。




姫小通信12月号.pdf

姫小通信11月号

2013.11.20 / 校長 荒川 圭子


毎月の学校だより「姫小通信11月号」をお届けします。
秋が深まりをみせた10月26日、
創立140周年記念地区合同文化祭が行われました。
自分の、そしてみんなの発表を
「よかった!」「すごい!」と思える子どもたち。
様々な活動において、地域に活かされる私たち。
子どもたちの活動、地域の活動の発表を通し、
あらためて、つながりと絆を感じることができました。
140年の軌跡、ここにあり。
どうぞご覧ください。






姫小通信11月号.pdf

姫小通信10月号

2013.10.15 / 校長 荒川圭子


毎月の学校だより「姫小通信10月号」をお届けします。

スポーツの秋、芸術の秋、食欲の秋。
秋にはさまざまな風情があります。
9月は陸上大会にマラソン大会と、スポーツ面で活躍。
そして今は、文化祭、音楽祭に向けた練習。
芸術の秋を満喫している姫小っ子です。

いろんな活動を通した、姫小っ子のうれしい成長を紹介します。
どうぞご覧ください。




姫小通信10月号.pdf

姫小通信9月号

2013.09.18 / 校長 荒川 圭子


毎月の学校だより「姫小通信9月号」をお届けします。

8月29日、秋の実りとともに成長した子どもたちが学校に戻ってきました。
今号は、
みんなを生かす、自分も生きる。
学年を超えた学び合いを展開する、全校算数の取組を中心にお届けします。
夏休み期間で心も身体もしっかりと充電できた子どもたち。
大きく成長した子どもたちの様子を、どうぞご覧ください。






姫小通信9月号.pdf

姫小通信7月号

2013.07.17 / 校長 荒川圭子


学校だより「姫小通信7月号」をお届けします。

1学期も終わりに近づきました。
ここまで、子どもたちは生活科・総合学習を通し、
地域の皆さんとともに、様々な活動に取り組んできました。
もうすぐ夏休み。
姫小っ子のいきいきとした活躍の軌跡を、どうぞご覧ください。




姫小通信7月号.pdf

姫小通信6月号

2013.06.14 / 校長 荒川圭子


毎月の学校だより「姫小通信6月号」をお届けします。

5月25日、創立140周年記念の地区合同運動会が
大盛況に、そして感動に包まれながら、終了しました。
ヤギのために、みんなで考え思いを行動につなげる1年生、
教室を飛び出して、地域の資源を充分に利用した活動を展開しながら、
地域とともに、姫小っ子はいきいきと成長しています。

姫小っ子の活躍をどうぞご覧ください。






姫小通信6月号.pdf

姫小通信5月号

2013.05.29 / 校長 荒川圭子


毎月の学校だより「姫小通信5月号」をお届けします。

新年度スタートから1か月。
高床山の遠足、地域行事の参加など、
異学年交流や地域との関わりを通して、
「みんながつながる姫小」の活動が進められています。
いきいきとした、子どもたちの輝く姿をご覧ください。




姫小通信5月号.pdf

姫小通信4月号

2013.04.17 / 校長 荒川圭子


学校だより「姫小通信4月号」をお届けします。

25年度がスタートしました。
小学校生活への期待に胸を膨らませ、キラキラした瞳で入学した1年生。
在校生は進級し、新たなステップをふみだしました。
全校であたたかく1年生を迎えた入学式の様子を紹介します。

今年度も姫小通信を通し、元気な子供たちの活躍をお届けします。
どうぞ、ご覧ください。







姫小通信 4月号.pdf

閉校記念事業募金活動について

2014.01.16 / 新井 美由紀


明治6年9月に創設された姫川原小学校。
児童の教育活動だけでなく、
地域文化の継承、地域コミュニティの拠点として大きな役割を果たしてきました。

「姫川原小学校閉校記念事業実行委員会」は、
姫小の歴史をあたたかく、そして華やかに閉じるために、
様々な記念事業を企画しております。
この記念事業に伴う協賛金について、
1月8日より募金活動をスタートしました。


○取組期間:1月8日〜4月末日
○納入方法:校区内については個別訪問
      遠隔地居住の方については振込
*詳しくは訪問した募金部員、PTA役員、及び学校にお問い合わせください。

姫小と共に歩んできた卒業生の皆様、
そして地域の皆様。
事業にご賛同いただき、協賛寄付にご理解、ご協力いただけますよう、
よろしくお願いいたします。




記念誌部よりお願い

2013.11.11 / 新井 美由紀


姫川原小学校閉校記念事業では、記念誌の発行を行います。
これから記念誌部を中心に、編集作業に入ります。

編集に当たり、姫川原小学校の卒業写真や懐かしい写真を探しています。
卒業生の皆さん、お手元に卒業写真がありましたら、ぜひご提供ください!
地域の皆さん、姫川原小学校の懐かしい写真がありましたら、どうぞご提供ください!

・提出先:姫川原小学校
・提出期間:平成25年11月5日(火)〜12月6日(金)
・提出時間:平日の午前8時〜午後5時まで

よろしくお願いします!







記念誌写真依頼.pdf

閉校に向けて

2013.11.11 / 新井 美由紀


地域とともに歴史を刻んできた姫川原小学校。

平成27年3月31日をもって閉校を迎えます。

この姫川原小学校の永年にわたる歴史を、多くの皆さんの心に刻み、
後世に残る事業を行いたい。
閉校に向けて、閉校記念事業実行委員会を立ち上げ、活動を進めていきます。




○主な記念事業
 ・募金活動
 ・記念碑(品)制作
 ・記念誌作成
 ・お別れ式典*閉校記念式典・惜別の集い…平成26年11月22日(土)

今後、活動の様子等を発信していきます。

学校、保護者、地域が思いを一つにし、
姫川原小学校の最後を華やかに、そしてあたたかく迎えたいと思います。







PAGE TOP