6年生

発表朝会で、自分の考えをスピーチ! new

2013.03.02 


 2月28日(木)の発表朝会で、6年生は、国語「今、わたしは、ぼくは〜伝えたいこと〜」の学習で取り組んだスピーチを行いました。
 国語の時間に、各自が、「今、伝えたいこと」を考え、選び、原稿にまとめ、練習してきました。この1年間で「書く力」「話す力」がぐんと高まったげんき学年の子どもたち。今回は、その集大成とも言える活動でした。
 特に、書いてまとめる活動では、「スピーチは、1分程度。1分30秒以内におさめる」という時間制限もあったので、いったん書き上げた原稿を読み返しては削り、読み返しては削り…と、短い中にも伝えたいことが凝縮されるよう努力していました。
 話す活動では、ビデオで自分のスピーチを撮影し、どのような話し方にするとよいかを分析して、繰り返し練習し、本番に臨みました。
 発表当日。どの子も緊張した面持ちでしたが、最後まではきはきと自分の考えを伝えることができました。




感謝の気持ちを込めて 〜お菓子を作って、全校に配付〜

2013.02.19 


 2月13日、イベント係主催のお楽しみ会でお菓子作りを行いました。
「仲良く一緒に過ごした下級生やお世話になった先生方に感謝の気持ちを届けたい」ということで、翌日14日、作ったお菓子を全校のみんなにプレゼントすることにしました。先生方には、一言メッセージも添えました。
 卒業まであと1か月ほど。卒業を意識しての活動を主体的に行っている子どもたちです。




一画一画丁寧に、心をこめて書きました 〜校内書き初め大会〜

2013.01.17 


 1月10日(木)、校内書き初め大会を実施しました。6年生のお題は「真の友情」です。2学期末から練習に取り組んできた子どもたち。「お手本をよく見て、真似てみよう」「画の間隔や太さに気を付けて書こう」「4文字のバランスがとれるように配置や大きさに気を付けよう」と、それぞれがめあてを立て、真剣に取り組みました。
 2学期には、なかなか形にならなかった子もおりましたが、何度も練習した成果が表れ、どの子も大変上達しました。




第5期のSST

2012.11.09 


 第5期のSSTは、「矢代小のよさを見てもらおう」です。今回は、6年生が全校朝会でモデルを示しました。 
 単に、悪いモデル、よいモデルを示すだけでは説明しきれない内容ですので、やや難しかったのですが、子どもたちは、どのようにすれば「大切なポイント」を下学年のみんなに伝えられるのかを考え、シナリオも自分たちで作って臨みました。
 練習時間もわずかでしたが、臨機応変に受け答えし、堂々と発表することができました。さすが6年生です。
 第5期には、音楽発表会、閉校記念式典など大きな行事がひかえています。「矢代の子どもたちは、やっぱり素晴らしい!!」と、多くの方に認めていただけるような姿を目指して、6年生も発表練習に取り組んでいます。




修学旅行に行ってきました

2012.11.09 


 10月18、19日に、東京へ修学旅行に行ってきました。
 日本科学未来館、フジテレビ、ソニー・エクスプローラ・サイエンス、スカイツリー、浅草寺、国立科学博物館を見学してきました。
 最先端の科学を体験したり、歴史を学んだりと多くの刺激を得てきました。
 


 旅行から帰ってきた翌週には、ふり返りと新聞作りを行いました。町並みや交通の便、バリアフリーの施設や設備などについても自分たちの地域と東京とを比較し、考察する姿が見られました。旅行で得た学びを今後の学習活動につなげていきたいと考えています。



修学旅行に向け、しおりを作成!!

2012.10.11 


 10月18日、19日に行う修学旅行に向け、子どもたちは、事前学習を兼ねたしおり作りに励んでいます。
 国語の学習を生かして編集会議を開き、みんなのアイデアを生かして、ページの内容や割付、構成を考えてきました。
 1人1人が担当した見学先のページもできあがり、いよいよ製本。立派なしおりができあがりました。
 


しおり完成後、各自で、更に見学先について調べています。学んできたいことをしおりに書き込んで、修学旅行に臨みます。
 充実した修学旅行になるよう、準備を重ねている6年生です。



自作の歌「歩む、矢代とともに〜希望をもって〜」を録音!

2012.10.11 


 10月2日(木)の課外の時間に、げんき学年が作詞・作曲した歌「歩む矢代とともに〜希望をもって〜」を録音しました。矢代の素晴らしさや矢代への感謝の気持ち、そして、未来への希望を込めて作った歌です。7人のアイデアを結集して作りました。子どもたちもとても気に入っています。
 この曲は、「今月の歌」として、全校で歌うことになりました。市の音楽発表会や閉校記念式典でも披露する予定です。どうぞ、お楽しみに!


歩む、矢代とともに 〜希望をもって〜

,澆里蝓,發燭蕕后〔霏紊寮遒
 いなほ かがやく 豊かな大地
 四季の きらめき はたらく 人々
 みんな みんな 矢代の ほこり
 ぼくらも この 矢代で 生きる
 強く たくましく 歩んでいこう

△泙辰垢亜^蕕帖.罐螢離のように
 明るく 素直に 育てと 願う
 父や 母の 愛を受けて
 ぼくら ここで 大きくなった
 ありがとうの 言葉を 胸に
 未来へと 進もう 希望をもって



2学期スタート! 学習も運動も頑張っています!!

2012.09.13 


【高学年部 自由研究発表会を行いました】
 9月6日(木)、夏休みの自由研究の成果を発表する「自由研究発表会」を行いました。6年生からは、2人の人が代表として発表してくれました。
 1人は「水の吸収しらべ」、もう1人は「塩水の量が違うと石けんに違いは出るか」というテーマです。2人とも、作成した資料をもとに、大変堂々と発表していました。
 聞く側もしっかりメモを取り、疑問点を明らかにしようとしたり、発表内容のよさを見つけようとしたりしていました。


【親善陸上大会に向け、練習中!】
 9月19日の親善陸上大会に向け、子どもたちは、夏休み中から陸上練習に取り組んできました。
 9月に入っても、まだまだ暑い日が続いていますが、その暑さを吹き飛ばしながら、もくもくと練習に励んでいます。
 先日は、競技場の雰囲気や感触を確かめるため、新井総合公園での現地練習も行ってきました。
 大会まであとわずか、ベストが尽くせるよう、どの子も頑張っています!!



救急法を学んできました!

2012.07.19 


 7月4日(水)、JRC救急法講習会が行われました。プールや川・海の事故だけでなく、地震や自然災害などいつ起こるか分からない災害にも備えて、これからは、子どもたちも救急法の知識をもっていた方がよいということで行われた講習会です。大人と同様に心肺蘇生法とAEDの使い方を学びました。
 あってほしくはありませんが、万が一、目の前で大切な家族や友達が倒れてしまったら、どうするか。おろおろと見ているだけでなく、すぐに対応できるだけの知識と技能が身に付いていれば、その人の命を助けることができるかもしれません。救急救命士のかたのお話を聞き、げんきっ子は、「大切な人の命を守るんだ」という意識で真剣に講習に臨んでいました。




体育大会で、リーダーとして大活躍!!

2012.06.06 


 5月27日(日)、晴天のもと、矢代地区体育大会が開かれました。げんき学年の子どもたちは、最高学年として、競技でも応援でも、リーダーとしてきびきび動き、しっかりと指示を出して、みんなをまとめていました。
 矢代小として参加するのは今年度が最後ということもあり、子どもたちには「絶対成功させたい!」という深い思い入れがありました。その思いが遂げられ、勝ったチーム、負けたチームに関係なく、最後はさわやかな笑顔で締めくくることができました。


《児童の作文より》

 矢代小として参加した最後の体育大会。
 私は、リーダーとして、練習のときから全力を出し、どんなことがあってもあきらめないという気持ちでがんばりました。みんなにちゃんと指示も出しました。恥ずかしがらずに大きな声を出したり、大きな振り付けをしたりしました。だから、優勝と応援賞がとれて、とてもうれしかったです。
 競技では、百メートル走を全力で走り、一等になりました。五年生まで一度も一等を取れなかったので、本当にうれしかったです。地区の水入れレースも楽しかったです。
 特に心に残っているのは、最後に矢代地区のみんなでやったジャンケン列車です。一つにつながったとき、矢代が一つになったと感じました。
 矢代小学校が閉校しても、矢代地区の人たちと仲良くしていきたいです。



「矢代」をテーマに作った詩を発表しました!

2012.06.05 


 5月の発表朝会で、6年生は、詩の発表を行いました。「矢代小が今年度いっぱいで閉校になるから、矢代をテーマにした詩をみんなで作って発表したい」ということで作った詩です。グループごとに、また全体で、アイデアを出し合い、一編の詩を作り上げました。矢代への思いがこもったとても素敵な詩。発表も6年生らしく堂々と行えました。


 「矢代」
       矢代小 げんき学年

校庭の 桜が 満開に なるころ
きれいな 雪どけ水が 田畑を うるおす
若葉が かがやく

ユリノキの 花が 咲くころ
さんさんと 照りつける 太陽が 作物を 育てる
緑が かがやく

いちょうが 黄色く そまるころ
たくさん 穂をつけた 稲が 風にゆれる
一面 黄金色に かがやく

矢代地区が 白く 雪に おおわれるころ
人々は 雪を 楽しみ 雪と たたかう
妙高山は いっそう 雄大に かがやく

そんな 矢代の 自然が はぐくむ
忍耐強く 努力家な 矢代人
思いやりがあり 愛情深い 矢代人
どんなときでも 笑顔 かがやく 矢代人

ぼくらも そんな 矢代人の 一人として
この 矢代小で 学んでいる
あたたかな人 雄大な自然に 囲まれ 育っている
矢代人の 一人として
これからも たくましく 生きていく



PAGE TOP