H22年度のおたより

図書館システム入力作業中

2011.03.16 / 井澤 和秀


図書室の本約5800冊をバーコードで借りられるようにする作業をしています。
夏休み中、冷房のない図書室でずっとがんばりました。


約8割が終わりましたが、まだたくさん残っています。1冊ずつパソコンに打ち込んでいきます。あと数日で終了できるでしょうか?



体育館の耐震工事予定変更

2011.03.16 / 中村 博子


 体育館の耐震補強工事は開始が大幅に遅れました。そのため、調査のための工事を一旦8月末で終了し、本工事は11月6日から再開することになりました。




JRC登録式

2010.05.14 / 井澤 和秀


5月12日(木)新しく会員になった3年生を加えて、青少年赤十字(JRC)の登録式を行いました。




ダンスで6年生を激励! 〜6年生を送る会〜

2011.03.25 / 鈴木 美幸


 「6年生を送る会」では、きずなっ子お得意のダンスを披露しました。「6年生に楽しんでもらおう!」と、一生懸命練習してきたダンス。息もぴったり! オープニングにふさわしく、元気いっぱいで、とっても上手に踊れていました。
 練習の成果が発揮できて、子どもたちも満足げ。
 6年生が中学校でも活躍してくれることを願うとともに、自分たちも2年生進級に向け「頑張るぞ!」と決意を新たにしました。




スキー授業 始まりました!!

2011.03.16 / 鈴木 美幸


 1月17日からスキー授業が始まりました。初めの3時間では、着脱や片付けの仕方、転び方・起き方、滑り方(ストックなし、ストックあり)の練習を行いました。まだ始めたばかりですので、着脱や片付けには、かなり時間がかかりますが、スキーで歩いたり、滑ったりすることはどんどん上手になっています。「スキーは楽しいな」「もっとやりたい」と意欲も満々のきずなっ子。2月の地区スキー大会までには、かなり上達しそうです。どうぞ、お楽しみに!!




ファーミーランドに行ってきました

2011.03.16 / 鈴木 美幸


 10月5日(火)、ファーミーランドに行ってきました。やぎ、ろば、ポニー、ひつじ、ウサギを間近で見たり、餌やりをさせてもらったりしてふれあってきました。「かわいいな」「おとなしくていい子だね」「飼ってみたいな」と動物への思いが深まったようです。




2学期も楽しいこと いっぱい!!

2011.03.16 / 鈴木 美幸


 国語の学習「大きなかぶ」の内容理解を図るため、グループごとに役割を決め、劇にしてみました。教科書にある台詞だけでなく、自分で考えた台詞も付け加えました。役になりきって演じきったきずなっ子。とっても上手でした。


 9月10日(金)、生活科の学習で水族館と五智交通公園へ行ってきました。水族館では、たくさんのお魚に大興奮!!それぞれの魚の生態の違いにもびっくりしていました。アザラシやペンギンにも会え、大喜びの子どもたちでした。海を見れたことも嬉しかったようです。



さつまいもパーティーをしました。

2011.03.16 / 佐藤 由紀


 子どもたちが育てたさつまいもの収穫を祝って、親子でさつまいもパーティーをしました。
 メニューは、さつまいもご飯
       具だくさんさつま汁
       チーズ入りおさつコロッケ
       スイートポテトパイ
 さつまいもをきれいに洗い、ピーラーや包丁を上手に使って皮をむいたり切ったりして、あっという間にさつまいも料理のフルコースが完成しました。お母さん方から教えてもらいながら、自分たちの手で作った料理は、どれもとてもおいしかったです。
 一日親子で仲良く過ごしました。家に帰ると「お兄ちゃん」の子どもたちが多いので、大好きなお母さんを独り占めできて大満足の子どもたちでした。


 



1年生といっしょに校外学習に出かけてきました。

2011.03.16 / 佐藤 由紀


 1年生と一劼某綢牡曚噺淬匕園へ行って来ました。
 サンゴの海の生きものたちの学習を終えた子どもたちは、本物の「クマノミとイソギンチャク」「ホンソメワケベラと大きな魚(クエ)」を発見し、大はしゃぎでした。ホンソメワケベラに向かって、「大きな魚の口の中にいる虫を取ってみて!!」とお願いしていましたが・・・。
 飼育員の方に自分が調べている魚について質問もしました。餌づけショーを見たり、マリンジャンボ水そうでエイやサメに驚かされたりもしました。とても楽しい水族館探検!でした。 五智公園も、もちろんとっても楽しかったです。




押し花を教えてもらったよ!

2011.03.16 / 瀧澤 由香里


どれにしようかな。色とりどりのたくさんの花を見て、みんな迷ってしまいました。


こんなにきれいな押し花、みたことないよ!ピンクがきれいだね。


この真剣な表情を見てください。しおり作りに夢中です。


楽しかった夏休み!

2011.03.16 / 瀧澤 由香里


 3年生の自由研究発表会を行いました。力作揃いでびっくり!保護者の皆様のご協力に感謝いたします。




友楽里館へ校外学習に行きました

2011.03.16 / 瀧澤 由香里


3年生は、14日の3,4時間目に両善寺の友楽里館へ校外学習に行きました。清水館長さんにいろいろ教えてもらったりおふろに入ったり、大はしゃぎでした。




社会「古い道具と昔のくらし」を学習しました!

2011.03.16 / 中村 妙子


2学期開始早々の9月3日に斐太歴史民俗資料館に昔の道具を見学に行きました。教育委員会の上田さんから説明を聞きながら、昔の農具「足ふみ脱穀機」や「唐箕」を実際に使ってみたり、生活道具にさわったりしてきました。


「初めて、まといを持ってみました。とっても重かったです。」


9月14日、洗濯板を使って昔の道具体験をしました。
昔の人は、洗濯をするのに時間も体力もつかって、大変だったことが分かりました。


6年生になる心構え

2011.03.16 / 武田 美津子


 5年生が中心になって、「6年生を送る会」を企画、運営をしました。3年生以上参加の代表委員会に原案を提出し、質問や意見に答えることから始まりました。
プレゼント班や出し物班、全校ゲーム班など、各係に分かれて準備を進めました。本番前のリハーサルに間に合わせるように、責任をもって仕事をしました。リハーサルでさらに課題を出し合い、レベルアップを目指しました。


 「6年生を送る会」当日、教室で円陣を組み、掛け声を掛け合ってのぞみました。本番では、自分たちの劇をはじめ、司会やくす玉わり、6年生紹介など、会がスムーズに流れるように、協力し合って運営しました。無事、終わりました。一同、皆、肩の荷が下りたような晴れ晴れとした表情でした。


 次の週は、6年生に変わって、「青空タイム」縦割り班での遊びを企画、運営しました。全体の状態を把握して上手に指示が出せたでしょうか。みんなを楽しませる難しさを感じました。いろいろな活動が1つ1つ、成長のために大切な経験です。気配りができる6年生になることを期待しています。


6年生に感謝の気持ちを込めて!

2011.03.16 / 武田 美津子


お世話になった6年生をお送りする会をしっかり運営することが、「自分たちも立派な6年生になろう。」という気持ちをもつことにつながるのでしょう。3,4年生と共に、代表委員会で計画を練り上げました。議長、書記、提案者、司会など、役割を分担して進めました。


全校からプレゼントする「色紙」にメッセージを書いてもらうカードを準備しました。縦割り班の「誰から誰へ」のカードか、まちがいなく作業をすることが求められます。学級ごとに集め、お願いに行ってきました。



矢代の冬! 季節にあった活動を紹介します!

2011.03.16 / 武田 美津子


図工の学習で製作した「光を当てて!」の作品を並べ、暗幕で夜のイメージにし、「きらきら クリスマス イルミネーション」を作りました。昼休みに全校のみんなに集まってもらい、一緒にカウントダウンをしました。点灯式は大成功!クリスマスソングが流れる中、しばしメルヘンチックな明かりを楽しみました。


1月13日(木)に、全校で「書き初め大会」を行いました。5年生は、「希望の春」を書きました。「希望にあふれる春を迎えられるように、堂々と力強い字を書こう!」とみんな一生懸命に書きました。


1月の給食週間や、学校保健委員会の「食育デー」の活動を兼ねて、「食事を楽しくするにはどうしたらよいか」をテーマに、大人と子供と一緒に話し合い、考えを深めました。


妙高「自然教室」

2011.03.16 / 武田 美津子


 9月9日(木)10日(金)の2日間、4年生8人と5年生14人、計22人で妙高自然の家での「自然教室」に出かけてきました。このメンバーで活動を共にするのは初めてです。
 自分たちのことは自分たちで協力してやり遂げていきました。素晴らしい子供達です。


 源流体験で大自然に親しみ、楽しみました。そして、森の大切な営みを感じ取りました。
 全員、道路下の通路をずぶぬれになりながら、通り抜けました。たくましい〜。


 2日目は、坪岳にハイキングに出かけました。全員で声を揃えて山びこに挑戦したり、木登りをしたり、草笛を鳴らしたり、自然を満喫しました。


教室のヒメダカ

2011.03.16 / 小島 儀之


5学年理科でヒメダカを飼っています。6月に稚魚が生まれ、夏の暑さにも負けず、元気に育っています。




ふれあいの里矢代を訪問してきました

2011.03.16 / 涌井 正敏


 ふれあいの里矢代へ行ってきました。10月に1度訪問させていただき、そのときの振り返りをもとに今回の計画を立てました。前回の訪問で、高齢者の方たちとあまり話ができなかったという反省から今回は、話をする時間をとろうということになりました。ココアとお菓子をごちそうしていただきながら、緊張しつつも楽しく会話する姿が見られました。
 次回は、どんな訪問になるか楽しみです。




調理実習をしました

2011.03.16 / 涌井 正敏


 家庭科「まかせてね!きょうのおかず」の学習で調理実習を行いました。作ったおかずは、マカロニナポリタンと野菜のベーコン巻きです。
 マカロニナポリタンは、人参・ピーマン・玉ねぎ・ソーセージの全ての具に火が通るよう、火が通りにくい人参から炒めることに気を付けて調理しました。
 ベーコン巻きは、ベーコンがこげないように火加減に気を付けて調理しました。
 小さな失敗もあったようですが、おいしくいただきました。次回の調理実習は、「ポテトサラダ」と「ちくわのピカタ&ピーマンとじゃこの炒め物」を作る予定です。




発表朝会

2011.03.16 / 涌井 正敏


9月30日の発表朝会で6年生が外国語活動で学習したできること・できないことを英語で紹介しました。英語ノートに載っていない言葉については、ALTの先生からどう言えばよいのか教えてもらい練習しました。大きな声で、できること・できないことを英語で発表することができました。




ふれあいの里矢代に行ってきました。

2011.03.16 / 涌井 正敏


福笑いをしました。目は丸、鼻は三角、口は四角と触って分かるように工夫して作成しました。おもしろい配置になるたびに笑い声があちこちから聞こえてきました。


ビンゴになった人は、メダルと肩もみ!お年寄りは大喜びでした。
初めての訪問後、感想を聞くとみんな「緊張した。」「パニックになった。」と言っていました。今回の経験を生かして、次回の計画を立てていきます。次回は、少しリラックスして自分たちも楽しみながら活動できることと思います。



6年保健学習 「薬物乱用の害」

2011.03.16 / 根岸 芳子


 新潟県警察本部上越少年サポートセンターの大平さんから
法律で禁止されている爛疋薀奪悪(麻薬や覚せい剤、大麻など)の怖さを教えていただきました。

一度だけ使っても『乱用』となることを知りました。




6年保健学習:病気の予防「生活習慣病」って?

2011.03.16 / 根岸 芳子


 2月18日に学習しました。

 「生活習慣病」は、食事、運動、睡眠・休養などの生活習慣が関係して起こる病気です。
 「生活習慣病」は、よい生活習慣を身につけることによって予防できます。
 なので、子どものころからの生活習慣が大きく関係しています。

 


 「生活習慣病」とは次の7つの病気をまとめて言います。
1高血圧症
2心臓病
3脳卒中
4がん
5糖尿病
6肝臓病
7歯周病


 心臓病と脳卒中の病気を取り上げ、次の原因があることを学習しました。
1脂肪や塩分の多い食事
2食べ過ぎ
3運動不足
3ストレス・・・心のもやもや
4たばこ
5お酒の飲み過ぎ


食育デー(学校保健委員会)

2011.03.16 / 根岸 芳子


学校保健委員会のねらい
 家庭、地域、学校が一緒に子どもたちの「からだ」や「こころ」を育てるために意見交換をし合い、考え、実践する。
 
◎今年度は、テーマを『食事をおいしく食べるにはどうしたらよいか』とし、5・6年生の児童と保護者が同じグループで考えました。
◎参加者は、保健師、学校栄養職員、保育園職員、5歳児と小学校の保護者、5・6年生、学校職員です。


 子どもたちは、現状(「嫌いな食べ物を給食時ではこうやって食べている」「食事の問題点」)を出し合い、食生活の誓い(食生活で改めたいことやがんばろうと思うこと)を発表しました。
 保護者は子どもたちに、嫌いな食べ物を克服した話や食生活での親の願いを聞かせました。
 


 子どもたちは各自が付せんに書いた『食生活の現状』と『誓い』を発表しました。そして、付せんを同じ内容で分けて問題点と食生活でがんばろうと思っていることをはっきりさせました。
 保護者からは克服体験談や願いをお聞きしました。
 5,6年生は、大人の体験談を聞き自分もがんばれば問題を克服できると思ったようです。また、友達の親も自分の親と同じ願いを持っていることも分かりました。

 すぐ解決できるテーマではありませんが、発表し合っている中で、改善に結びつけようという気持ちを子どもたちは思ったように感じました。


◎子どもの『食生活の誓い』
[自分で出来ること]
・好き嫌いをなくす
・残さず食べる 
・三角食べをする
・かんで食べる(早食いをしない)
・食器を手で持つ
・食べ終わる時間がみんなと同じになるようにしたい
[家庭の協力が必要なこと]
・栄養のバランスが摂れた食事をする

◎親が子どもに食生活で願うこと
・親は嫌いなものを食べてほしいと思い、調理を工夫して作っています。なので、嫌いなものが出ても一口でもいいから食べてほしいです。
・みんなの口に料理が入るまでには、多くの人たちの手が携わっています。多くの人に感謝しましょう。
・食材や食生活は自分の体を作る基です。健康な体を作るために好き嫌いをしないで食べてほしい。
・四季折々の食材を楽しみ、大きくなってほしい。
・食事を楽しんでほしい。    
・食材の味を知ってほしい。


6年の保健学習「病気の予防」

2011.03.16 / 根岸 芳子


 12月に保健学習で「たばこの害と勧められたときの断り方」を学習しました。
子どもたちから「たばこの害」で知っていることを出してもらいました。下記参照

<すぐに現れる害>
 ・肺がきたなくなる。
 ・肺が黒くなる。
 ・頭がぼ〜っとする。
<後で出る害>
 ・咳が出る。
 ・息が苦しくなる。
 ・がんになる。(肺がん、肝臓がん)
<その他>
 ・やめられなくなる。

次に、子どもたちにたばこの箱に書かれている下記の文を読みあげました。
『喫煙は、あなたにとって肺ガンの原因の一つとなります。疫学的な推計によると、喫煙者は肺ガンにより死亡する危険性が非喫煙者に比べて2倍から4倍高くなります。』
『妊娠中の喫煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は、吸わない妊婦に比べ、低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。』


『未成年者の喫煙は法律では禁止されている』ことを教えその理由として下記2点を教えました。
1子どもは成長期で細胞がどんどん作られている。だから影響を受けやすい。
2吸い始めた年齢が早いほどがんになりやすい。

がんをひきおこすタールを子どもたちに見せるために実験をしました。
たばこ1本でこんなに肺にタールが付くと同時に、
たばこを数のがやめられなくなるニコチンも入っていることを教えました。
たばこがやめられないのは、意志が弱いからではなく、『ニコチンでたばこがやめられないという病気』になってしまうからだと伝えました。

だから、最初から『たばこを吸わない』のがいいよねと伝えました。

 また、たばこの先から出るけむり「副流煙」にも、有害物質(タールなど)がたくさん含まれているので、たばこは周りの人にも害がある。
ちなみに、たばこを吸う人が吸い込む煙を「主流煙」と言うことも教えました。

 副流煙を「あーいい臭い!」と言っている子もいました。
「タール」や「ニコチン」物質ってどんなものなの?と聞いてきた子もいました。


 友達がたばこを勧めてきたときの断り方を勉強しました。
友達「吸ってみたら。1本くらい平気だよ。怖いの?だれにもばれないよ。友達な   ら断らないでよ。みんな吸っているよ。」
自分「                                 」

最後に、効果的な断り方は次のことが入っていることが大事だと言うことを話しました。
1いやだとはっきり言う。
2だめ、だめ、だめと何度も繰り返して言う。
3理由を言って、はっきりと断る。
 子どもたちは、理由として「病気」という漠然としたとらえではなく、「がん」あるいは「肺がん」になるのが嫌だから吸わないと答えていました。






4年保健学習

2011.03.16 / 根岸 芳子


 4年の保健学習では、「育ちゆく体とわたし」で、
・大きくなってきたわたしの体
・すくすく育て わたしの体
・おとなに近づく体
・体の中でも始まっている変化 
を勉強しました。

1年〜2年で一番伸びた人は  7.8
2年〜3年で一番伸びた人は  8.0
3年〜4年で一番伸びた人は  8.5
1年〜4年で一番伸びた人は 22.8僉,任靴拭

 児童が『分かったこと、思ったこと』で書いたことは、
・4年間でたくさん伸びてびっくりした。
・どんどん伸びている。
・すごく伸びたときとそうでないときがあった。
・1年間に伸びた身長は4年間ほぼ同じだった。・伸びてよかった。

 「伸び方はひとりひとり違う」「大きく伸びるときもあれば少しだけのときもある」「小学校高学年から高校生のころに、大きく伸びる時期を迎える」の3つを学習しました。


 「大人に近づくと体つきが変わる」を勉強した時間では、4年生は思春期に入っているので、男女の体の外見上の違いを言うのを恥ずかしく思うのは当たり前です。しかし、児童は素直に男女の体の外見上の違いをことばで出してくれました。

 最初、個人でワークシートを書きました。
次にみんなで輪になり、書いた紙を全員床に置き見せあいました。
紙には書いた児童が分かるように名前が入っていたのですが、見せ合うのを躊躇することはありませんでした。
次に2グループに分かれ、グループ毎に1枚の紙に体つきの特徴の絵とことばをまとめました。

・にきびができやすくなる(男女)
・胸がふくらんでくる(女子)
・のどぼとけが出てくる(男子)などを確認しました。

次の2つを押さえました。
・思春期を迎えると女子は丸みのある体つきに変化しはじめ、男子はがっしりとした体つきに変化しはじめる。
・体の変化の起こり方や時期はひとりひとり違うけれども、誰にでも必ず起こることです。


 児童の中には、これからもっと身長が伸びたいという子もいましたが反対に、もう伸びなくてもよい。という子もいました。

 思春期を迎え、体や心が大きく、すくすく育つには『よりよい食事』『運動』『休養・睡眠』が大事だということも勉強しました。

 最後の時間には、体の中で成長と共にホルモンが分泌され男子は射精、女子は月経が起こることを話しました。
性器の名前や射精・月経のしくみを黒板に絵を貼って説明しました。

 性器の名前がいっぺんにたくさん出てきたのと初めて聞いたので、混乱した子もいました。

 自分の性と友達の男女の性を受け入れていました。
家庭で性について触れているから、児童は恥じらうことなく学習を進められたんだと私は思いました。


3年保健学習「毎日の生活とけんこう」

2011.03.16 / 根岸 芳子


 10月1日5限に養護教諭と保健学習をしました。


 目に見えない汚れ(ほこりやちり)や体に悪いもの(インフルエンザウイルスやノロウイルスなど)が空気の中に含まれています。

 『教室の中の閉じこめられた空気を新鮮な空気にするにはどうしたらよいかを考えました。』
 
 


 子どもが即「換気しなくてはだめだ。」と言って戸を開けました。
「教室でもやっているよ。」「片方だけじゃなくて、反対側も開けるよ。」と教えてくれました。
 教室を例えた箱の反対側も開けたら、あっという間に線香の煙が出て(きれいな空気になり)3年生に例えたマジックが見えました。
 特に、『インフルエンザが流行っている時期はこまめに換気をすることが大事だ。』と納得しました。

 
 『明るさ』では、子どもたちが電気を消し光を遮断するカーテンを閉めた音楽室に行き、次に電気を消しまぶしさを防ぐカーテンが開いた教室にもどり
『音楽室と教室ではどう違ったでしょうか?』の問いかけに
子どもは「音楽室は教室より暗かった。」「目に悪い。」「視力が悪くなる。」と答えました。
「では、明るくすればいいのね。」と言って、教室の電気を付け、理科室の光源装置(スポットライト)を一人一人に当てました。
子どもたちは手で光をさえぎり、「まぶしい。」「まぶしすぎる。」「目をあけられない。」「目に悪い。」「視力が悪くなる。」と話しました。
 部屋が牋鼎垢る瓩里皚猝世襪垢る瓩里睫椶鯣茲譴気擦董∋詢呂下がることにつながることを勉強しました。


暑さに負けずがんばろう!

2011.03.16 / 根岸 芳子


 夏休み中暑かったですね。病気はしませんでしたか?食事は食べられましたか?夜は睡眠が取れましたか?




6年保健学習「飲酒の害」

2010.09.27 / 根岸 芳子


 9月15日(水)の6限に、養護教諭実習生が6年の保健学習の授業で「病気の予防」の単元の『飲酒と健康』の内容を実施しました。

 酒類とジュースの缶は、見た目だけではどちらがお酒なのか分からないものがあります。
最初に子どもたちに缶のクイズをしました。


お酒が肝臓に与える影響について、消毒用エタノールに豚のレバーを浸し、『表面』『切り口』『弾力性』について比べてみました。


<<子どもたちが勉強したこと>>
・お酒にはアルコールが含まれている
      ↓
・アルコールは、脳の働きを低下させたり、注意力や判断力をにぶらせる

・たくさんのお酒を長年飲み続けると、肝臓の病気になったり・脳が縮んだり・胃が傷つきやすくなる

・未成年者がアルコールを飲むと上記のような症状が起こりやすくなるので、法律で禁止されている。


最後にお酒を勧められたときの断り方(・いやだとはっきり断る ・だめ、だめと何度も繰り返して言う ・理由をはっきり言う)を勉強しました


PAGE TOP